今日も元気にフィッシュオフ🎵

仕事に忙殺されフィールドに夢を求めるおっさんの記録

みんなの仕事は何ですか? part1

2017-06-18 22:24:00 |  実釣
久々師匠との釣り。
指令が下った目的地は朽木の管理釣り場で、朝8時位に現地集合。

おっ、それなら朝一久多川で釣りが出来るなって事で3時10分に出発!

4時30分に到着。
清々しい久多の夜明け。


先ずは大黒谷から入渓。
今回で4回目となるが、毎回アマゴの反応があるポイントがある。

釣り上がって行く所にあるから、何時もはアップの釣りとなっているポイントだ。
今回はなるべく水に入らない様、慎重に上流側へ回り込みダウンでの釣りをしてみる。

アップだとルアーを動かす時、流れと同じ方向へ引いてくるので水の抵抗が少なくなってしまい、ルアー本来の動きが出来にくくなってしまう。
だから、どうしてもトゥイッチ等で早く引き泳がす必要がある。
しかし、そうすると魚へのアピールは出来るものの、フィーディングと思われるポイントもアッと言う間に通り過ぎてしまう。
今までも魚は飛び出してくる陰は見えるのだが、直ぐにフィーディングポイントをルアーが通過してしまうので、アマゴはまた元の場所に戻ってしまうのである。

今回はミノーでは無く、メーカー不詳のスプーンを静かにキャスト。
ルアーの浮き上がりに注意しスローリトリーブで引いてくる。

2投目でルアーを引ったくる明確な当たりがありフッキング! ……が……
虚しく宙を舞う不詳スプーン……
魚を掛ける所までは何とかなったが、バラしてしまった。
その後数投するが反応無し。

そこから更に遡上しようかと思ったが、今回は細針川との合流まで下る事にした。
まぁ、結局は明確なアタリも無く細針川まで来てしまったのだが…

細針川の合流以降の久多川は、既に鳥避けの糸が張られており鮎のシーズンを漂わせている。

時間はまだ6時。せめて一匹は釣りたい。
中の町まで移動。

いつもの堰堤から釣り下ろうと思ったら、テンカラか餌師の先客あり。
上の町手前まで移動し入渓。
釣り下ってみる。

ここぞと言うところで当たりはあるが、中々フッキングに持ち込めない。
ダウンの釣りはルアーの動きを生かせる反面、バラしやすい気がする。
俺が下手なだけって事もあるが、何か確実にフッキング出来る釣法はないか?

流れが緩くなっている手前でやっとフッキング。
しかし小さい。15㌢無いくらいのカワイイサイズw

折角なのでもう1枚。

自然渓流で育っているからなのか、本当に綺麗な魚体。
サイズどうこうより、本当に魅入ってしまう。

もう少し釣り下ろうと思ったが、前方にルアーマンを発見。
向こうも此方に気付いた様で、さっさと何処かへ行ってしまった。
これ以上釣り下っても釣果は望めそうにも無いが、多少小雨がパラつく曇空。
もう少し雨が降ると魚の活性も上がりそうなのだが、師匠より遅れる訳にも行かないので片付ける事にした。
しかし今日は良く釣り師達を見かけた。俺が今まで、たまたま見かけなかっただけなのか?

話は変わるけど、ウェーダーを片付けているとヒルがくっ付いていた。
やはりゲーターだと少し不安になるなぁ💧
ウェーダーで正解かな?

ここで朝食を済ませ、朽木管理釣り場へ向かった。

part2へ続く
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発表!トルクG03!! | トップ | みんなの仕事は何ですか? p... »
最近の画像もっと見る

実釣」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。