ポメだす!(pomedas)/since2004

ポメラニアンのゴロ[兵庫犬(神戸市)~石川犬(金沢市)~埼玉犬(さいたま市)~道犬(札幌市)]&ツバサ日記

札幌市民の木『ライラック』

2017年05月20日 | 閑話休題
 昭和34年、「ライラックの花が咲き揃う季節に文化の香り高い行事を行う」という文化人の呼びかけにより始まったのがライラックまつりです。
 ライラックは昭和35年に札幌の木にも選ばれ、どこの家の庭先でも見かけるほど市民にも親しまれる木となりました。
 今では、札幌に初夏の訪れを告げるおまつりとして市民の間にも定着し、札幌を代表する春のイベントへと成長しました。
 ※「さっぽろ第59回ライラックまつり」より





 ライラック(英語: Lilac)はモクセイ科ハシドイ属の落葉樹で、札幌市民にとってはなじみの深い木です。
 フランス語からリラ(Lilas)とも呼ばれ、ライラックが咲き誇る5月末から6月初めにかけ暑くなろうとしている矢先の一瞬の寒さを「リラ冷え」と言います。
 札幌のライラックは、北星学園の創設者であるサラ・クララ・スミス女史が、アメリカからもたらしたものがその起源であるといわれ、人口が50万を超したことを契機に昭和35年に市民投票によって札幌市のシンボルの木選定されました。
 【花言葉】「思い出」「友情」「謙虚」
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真っ黒クロスケ | トップ | ツバサ日記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

閑話休題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。