迷える羊のメモ帳

こんな言葉 あんな花に癒されて生きる

メモ帳713ページ目 日本の原風景へタイムスリップ

2017-03-13 09:56:57 | 日記
春の陽気に誘われて、最後の梅の花を愛でに出かけました。

里山に点在する古民家と梅の花をみていると、郷愁にかられ不思議な
世界にタイムスリップした気持ちになりました。
先人達が梅の木を育てた事には納得がいきます。

花が咲く時季をみて、農耕作業を始める準備の目安にし、また花を見る
も良し、梅干にして健康食で食べるも良しで好まれた庭木であったであろ
うと想像できる。

日本家屋と梅の花、日本の原風景に出会った暖かい春の日でした。

雑木林の中で思わずドキッ!! 花と無縁ですがタイムスリップ繋がりです

小高い丘より眺めた水車小屋

白梅と水車

漆喰壁が美しい家屋

茅葺屋根の葺き替えの準備中でした

格子の出窓がある家屋と枝垂れ梅

なまこ壁の蔵と梅



ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メモ帳712ページ目 マラソン... | トップ | メモ帳713ページ目 高木樹の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
和みの光景 (我太郎)
2017-03-14 07:58:46
タイムスリップもここまで行くとですが、他の光景は正に和みの世界です
水車小屋は現役ですか?
当地では保存物件以外は見れなくなりました
倒壊を待つだけの茅葺き屋は哀れですが、これも記録的には貴重な画像だと思います
車に乗らなくなって、久しくこんな光景には出会えていません
散策は楽しいですね (迷える羊)
2017-03-14 11:15:30
我太郎さん コメント有難うございます。
水車は力強く粉を挽いていました。
茅の葺き替えは是非見たいと思いましたが
安全の確保で敷地内へは入れませんでした。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。