迷える羊のメモ帳

こんな言葉 あんな花に癒されて生きる

メモ帳677ページ目 秋明菊、紫苑の最後の輝き

2016-11-07 09:37:41 | 日記
秋明菊は秋に開花する多年草の花です。
伸びた花茎の上に花を沢山つけ大空に挑戦するかのようです。

名前にキクが付くが菊の仲間ではなく、アネモネの仲間だそうです。
アネモネは、和名をボタンイチゲ(牡丹一華)と呼ばれ春咲きのボタン
の花に似ているところから。

秋が深まり気温が安定せず、花々は、沢山の蕾を付けたまま最後の
輝きを放っていました。





紫苑(シオン)とは素敵な名前です、名前に菊はないがキク科の多年草
で開花期は秋、薄紫の舌状花が一重に並び、中央は黄色の筒状の花
を咲かせる。自然の中で自然の形で咲く花を見ると郷愁を感じます。





ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メモ帳676ページ目 今も引き... | トップ | メモ帳678ページ目 雑草が織... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。