HANのブログ

アマチュア無線をやってます。アンテナ作成、真空管の無線機に興味があります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

送信機用電源のテストと変更

2016-10-29 13:17:16 | 日記

送信機用電源を7MHz用807送信機でテストしてみました。

 送信機用電源ですがハム音を感じたので平滑用コンデンサー(400μF 400V)を追加しました。

まだハム音が気になりますが、シャーシに空きスペースがなく妥協しました。

その他、R3、R4(3.9Ω 2W) 、R11、R12(100KΩ 2W)を追加し、整流ダイオードを

10D10からFU2010(1000V 2A)に変更しました。

 

+B(H) 480V(無負荷時) → 負荷 約100mAで450V

+B(L) 240V(無負荷時) →  負荷 約  20mAで220V

 

 

電源電圧が変わったのでV1(42)及びV2(807)のスクリーングリット抵抗を変更しています。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真空管送信機用電源 | トップ | UY807使用 7MHz CW 送信機 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。