どうする…

適度に頑張る毎日を目指す怠け者の日記です。

クリップ

2013-02-27 00:19:59 | 楽器(小物)
クリップ式チューナー
キクタニミュージック取り扱いのSNARK SN-2です。


定価が1500円程度と安価な割になかなか使えるので、気に入ってて2,3個持ってます。
精度、使いやすさどれをとっても申し分なしで、
無駄に針が動かず合わせやすい分、KORG AW-2とかよりも使いやすいと思います。

ちょっと作りが雑なのが弱点ですが…
クリップ部とディスプレイ部の付け根が若干壊れやすいのでそこだけ注意です。
まぁ逆に言えばそれぐらいしか気になる所が無いですね。

SNARKのラインナップは結構多くて、
クリップ式のSN-1、SN-2、SN-5
一般的なシールドで接続するタイプのSN-3、SN-4
ペダルタイプのSN-10S

と、色々とタイプ別に用意されています。
それぞれ機能や用途が若干違ってるので、細かい所はキクタニミュージックHPで…

一番高い物はペダルタイプのSN-10Sで市場価格が5000円ぐらいなんですが、
それでも結構安い部類なのでデザインが好きならアリだとは思います。
pitchblackと言う強敵がいるので主流になるには厳しいと思いますが…

チューナーは表舞台には出てこない地味な物ではありますが、
しっかり調律できてない楽器はアンサンブルの中ではお話になりませんからね。
是非楽器やってる人はこだわって色々思考錯誤してほしい物だと僕は思っています。

トータルで見たらやっぱりKORGかなぁ…pitchblackが色々と最強すぎるからねぇ…


関係ないですがクリップつながりでしょうもない小物。
小鳥さん洗濯バサミ


何か癒されます…



ベース ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビザール

2013-02-26 01:52:34 | 音楽
この前潰れたGuyatoneも昔作ってたんですが、
スタンダードな形で無いギターはビザールなんて呼ばれてまして…
ビザールの明確な定義を知らないんで合ってるかわかりませんが…

まぁなんせ変形ギターの中でも定番になれなかったヤツとかの事かな。
あと古い国産とかもこのカテゴリーに入る事が多いような。テスコとか。

これらのギターはスチューデントモデルと似た何か妙な魅力がありましてねー…
あ、スチューデントモデルってのはFenderならムスタング、GibsonならレスポールJr.とかです。

代表的なのはやはりVOXですかね
VOX Phantom


VOX MARK VI


Phantomは現在生産されていませんが、
新潟の楽器屋さんの『あぽろん』で取り扱っている
『Phantom Guiatrworks』がVOXから権利を買い取って復刻していますね。

Phantom Guiatrworks割とマジで欲しいんですが…
ちょっと試奏も無しに買える値段じゃないんだよなぁ…
かといって新潟まではちょっと遠すぎて行けないし…

昔、東京事変のライブ映像で浮雲さんがVOX Phantom使っているの見て以来
ずっとPhantom欲しいと思ってるんですが…
何か他の物で妥協するか…

あぽろんは割とビザール系の取扱いが多いですね。
EKOとかWaterstone Guitarsとか。

Waterstone GuitarsのMOONなんかはビザールとしては最高ですね笑

でも僕はWaterstone GuitarsならVoltaireが欲しいんですが…
これはビザールじゃないね…ファイヤーバードだね…
レリック仕様じゃなければ割と即決なんですがねー…


この世界もあまり深く足を突っ込むと危険ですが、
ライトに楽しめばオシャレギタリストになれる可能性もあるかも…

変なギター好きな人は是非一度『あぽろん』を覗いてみて下さい!



ベース ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漫画

2013-02-25 00:04:24 | 音楽
気になってた漫画の単行本が出ていたので買ってしまいました。

音楽とかバンド系の漫画って結構めちゃくちゃで、
『そんなヤツいないから』とか『そんなん無理だから』
みたいな事がてんこもりだったりするんですが…

この漫画も割とそんな感じです…

講談社 イブニングで連載中。Eから弾きな。


ギターを知らない人間でもわかりやすいように解説っぽい事が結構多目なんですが、
まず最初にナット製作からとは…

ちょっとマニアックすぎる気がするんですが…
しかもそのギターがまたファイヤーバードとか…
その他にも小物の描写が妙に細かかったりと…

おそらく作者はかなりの機材好きな人なんでしょう…

でも僕も持ってる機材だからわかるんだけど、
お姉さんがいつも身に付けてるROLANDのRH-300。
これコードが結構長くて、身に付けて動き回るのには結構邪魔なのでちょっと無理が…
まぁ、パンクっぽい姉さんだから気にしない設定なのかもしれないけど…


ちょっとネタバレになっちゃうんですが、
1つすごい気に入ったシーンがありまして
ギター触ったこともない主人公が間違って?
というかレフティだったので、リバースFBを逆で構えちゃった所。

リバースFBのリバース…
なんかコレがかっこよかったんですね…

ROCKだなと。

そうだよ、こういうのがROCKだよ…
ってな感じになったんです。

僕もこういうROCKな感性を磨いていきたいですね。
僕はFB買っても逆持ちする事は無いですが…

割と面白いかったので続きが早く読みたいです。
長く続くタイプの漫画とは思えませんが、できるだけ頑張ってほしいですね。



ベース ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中型バイク

2013-02-24 00:53:30 | 車、バイク
最近、売れ線クラスなのか中型バイクがちらほら新型出てますね。
ninja250を筆頭にじわじわ中型が増えてる気がします。
まぁ…新型と言っても大型のボアダウンとかさりげなく使いまわしとかそんなんばっかですが…

僕も身の丈に合ったこのへんのバイクがいいんですがね…
買い換えるほどの余裕もないしねぇ…


ここ何年かで新規開発された中型では…

・ninja250(新型)

・CBR250R


あたりをよく見かけますね。
どちらもスポーティなルックス&名前ですが、
性格はツアラーとかライトなスポーツバイクな感じらしいです。

ninjaはともかく、CBRなんて昔のモデルは4気筒で2万回転までブン回せ!
ってなバイクだったことを考えるとなんだか違和感がありますが…

最近の中型に共通して言えるのは、

・単発~2気筒
・生産ラインが海外で低コスト化

ってな事ですかねー
基本的にとにかくローコストを目指してる感がすごいです。
厳し過ぎる規制のおかげで馬力も昔から比べると10馬力以上低いですね。
中にはそんな事ないモデルもありますが…
販売台数がピークから比べると1/10らしいのでローコストに走るのも仕方ないですね。
まぁ…ローコストといっても値段は高いんですが…

別に馬力がデカけりゃいいってもんじゃないですが、
FTRとかグラトラとかその辺の町乗りバイクが
本当にカブに毛の生えた程度になちゃってるのは残念ですね。

車から比べると安全性は最低ですが、
経済性から考えるとバイクの圧勝だと思うので環境性能に関してはもうちょっと緩くても…
と僕は思うんですが…

駐車スペースが小さいから日本のような土地の少ない国の事情にマッチしてるし、
燃費も車より良い物が断然多いし、車から比べると道路も全然傷めない。
そして何より日本には世界を代表するバイクメーカーが4社もあって、
その中の2社は世界でも数少ないバイクと車を両方作ってるメーカーです。

これだけ揃ってて国のこの冷遇っぷり…
新車買わない僕が言う資格は無いかもしれませんが…

メーカーがんばれ…
宝くじ当たったら何か買うから…



ベース ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイクプリアンプ

2013-02-23 00:49:58 | 楽器(小箱系)
ART TUBE MP STUDIO V3
コンパクトなマイクプリアンプです。

日本での代理店は日本エレクトロハーモ二クスで、
ここは代理店価格がボ〇タクリな事でオ〇ダインター〇ショナルと同じぐらい有名じゃないかと思うんですが…

定価¥33,000に対してサウンドハウス直輸入は¥5,980
保障云々を差し引いてもこれはちょっとねぇ…

誰も日本EHで買わなくなるんじゃないの…


効果なんですが、
¥5,980なら僕は満足です。
定価ならちょっと辛かったかも。
サウンドハウスは直輸入ですが、サウンドハウスmadeの日本語説明書が入ってました。

このプリは使い方がかなり簡単で、
プリセットを選択してin/outで音量調整するだけ。
と言ってもマイクプリなんて大体そんなもんか…

プリセットの中にはギターやベース、鍵盤用等があって
マイク以外にも積極的に使っていけるようになっています。
まぁ…この機種はメーカー側がわざわざ楽器モード用意してて珍しいってだけで、
マイクプリアンプ楽器に使ってる人なんか世の中わんさかいますが…

ベースとギターで使ってみた感想は…
ベースは低域が締まってタイトな感じになりつつ高域の解像度が向上した感じ。
ギターは単純に高域がきらびやかになったと感じました。
それぞれベースはベース、ギターはギターモードでの仕様での感想です。

プリセットは他にも色々あるんですが、
MULTIやVALVE、FLATなど何にでも使えそうなプリセットもあってこれらもなかなか良かったです。
特にMULTIとVALVEのちょっと太くなる感じがなかなか僕は好みでした。

inはフォーンとキャノン同時使用は不可ですが、
outは同時使用可能なんでDI代わりとしても使えますね。

大きさもコンパクトで値段もサウンドハウスなら手ごろだし、
1つ持ってたら色々と使えて便利な事と、何より使い方が簡単なので
マイクプリ入門なんかには良いんじゃないでしょうか?

真空管変えたら結構化けるなんてレビューもあったりするので
またちょっとその辺もいろいろと弄ってみようと思います。


ベース ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隠れた名作

2013-02-20 23:55:12 | その他
噂が流れてからおそらく1年以上…
ついにやってきました…


ジェットセットラジオ復刻!!!!!!!!


ドリームキャスト版で弟と死ぬほど遊んだ僕の思い出のゲームです。
↓こんなゲーム↓
ジェットセットラジオ PS3、PS Vita、Xbox 360バージョン紹介ムービー


今回セガ・ドリームキャスト復刻プロジェクトの1つで
PS3、PS Vita、Xbox 360版がDL販売開始されました。

このゲームは内容もとても面白いんですが、
僕はこのゲームの中の音楽が大好きなんですよね。

第2作目のジェット セット ラジオ フューチャーの音楽もカッコイイんですが
ちょっと尖りすぎてるかな…
カッコイイんだけど…

いくつかお気に入りを貼り付けます。
Jet Set Radio - Super Brother!!.wmv


Jet Set Radio- Everybody Jump Around


Jet Set Radio- Bout The City


Jet Set Radio- Sneakman


JSRFの方
[HD] ? Jet Set Radio Future - Funky Dealer


あー、マジで懐かしい!
さっそくDLしたいと思います!!



ベース ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

mede in 自分

2013-02-19 00:56:59 | 音楽
たまに趣味でエフェクターの自作とかしてまして、
ちょっと音楽とは関係ない方向になるんですが
自作エフェクターの魅力について語りたいと思います。

ズバリ言うとデザインですね。
PCで好きなデザイン作るなり拾ってくるなりして印刷→貼り付けで終了です。

僕はケースにTAKACHIのTD6113NとかHAMMONDの1590Bをよく使うんですが、
これらのケースの場合はステッカー用印刷用紙を使ったり、
普通の紙に印刷して、それをアクリル板で押さえつける方法で作っています。

ステッカー用紙の場合は普通にそのまま貼り付けるだけですが、
アクリル板の場合ノブやフットスイッチの位置にあわせて穴あけが必要なのでちょっと手間です。
が、この方法の場合は汚れ等にはかなり強くなります。

1ノブのブースターみたいな物の場合は4隅にビスでも欲しいですが、
TSみたいな3ノブの物ならノブとフットスイッチに共締めで十分固定できます。

ちなみにかなり前に作ったやる気のないデザインのブースター↓

これはアクリル板で押さえつけるタイプです。

一見LEDが無いように見えますが、パッケージの下に隠れてるだけです。
超高輝度LEDなんかは明る過ぎるので、こんな感じで1クッションおいてやる方が目に優しいですね。


普通のタイプはこれくらいにして…
次は変則タイプと言うか…筐体のおかしい物達…

GATSBYのワックス容器を使ったFUZZ


壊れたPSの中身を抜いて筐体に流用したブースターとオーバードライブの2in1ペダル


オープンを押して蓋を開けるとノブが出てきます。
ちょっとPSコントローラーのボタンを意識した配色のノブです。


こんな感じで箱になってる物なら何でも筐体に流用できます。

『音に拘ってるからザインなんか文字だけ』みたいなストイックな物もカッコイイですが、
僕はデザインが良ければテンションも上がるし、見た目も大事だと思っています。

やっぱライブとかって如何に本番までに自分をノらせておくかってのも大事だと思うので
お気に入りの楽器やペダルを使う事でワクワクする気持ちを事前に作っておくというのは大事じゃないでしょうか?

今は通販でパーツ買えるし、色々な所がキットを販売していたりもするので
自作をするのに良い環境が整っていると思います。
個人的には初心者向けキットとか出してるPASさんおススメです。

キットでも自作すると色々な事がわかるし、自作是非おススメです!


ベース ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自動止水バケツ

2013-02-18 00:10:32 | 日常
仕事で高圧洗浄機を使う事が結構あるんですが、
大量の水を使うのでかなり大きいバケツが必要なのと
水の番する人間がいないとすぐに駄々漏れor不足になるので
少スペース&エコの為にちょっと工作をしました。試作ですが…

材料は
・仕事で使い終わった一斗缶
・ホームセンターで買ってきた補強用の適当なステー
・SANEI ロータンクボールタップPV45-13
・KAKUDAI L型カップリング

で、出来たのがコレ


ロータンクボールタップがぎりぎり入らなかったので
一斗缶を少し折り曲げて不恰好になってますが…

まぁとりあえず動作は良好。
もうちょっと大き目の容器があれば言う事なしですが、
できるだけ低予算で仕上げる事も目標なのでとりあえずこれでよしとする事に。

おそらく4000円前後で出来てるはず。

『高圧洗浄機用 止水フロート』とかって商品がほぼ1万な事を考えると上等でしょう。
壊れた時もSANEIの製品ならホームセンター行けばあるし、素早く対応とれますからね。
KAKUDAIのロータンクボールタップはSANEIから比べると少し安くてそっちでもよかったんですが、
会社の近所のホームセンターはKAKUDAIの取扱いが少なくSANEIが多かったのでSANEIにしました。

ちなみにこのバケツの肝のロータンクボールタップ

トイレのタンクの中に入ってるやつです。
ホームセンターに行けば普通に売ってます。僕はamazonしましたが…

水が溜まるとウキが浮上してバルブが閉じる、
で、水が減ればウキが下がってまた水が出る。
といった簡単な物です。

それを給水ホースを入れた時に邪魔にならない端の方に取り付け
外側にホースを繋ぐ用のL型カップリングを取り付けて完成です。
今回は一斗缶の強度に不安があったので補強&簡易の取っ手にステーを付けました。

そうだ、ホースはしっかり取り付けないと外れる恐れがあるので
こんなんあると便利かもです↓

素手で締める事のできるホースバンドです。

これで次回から水洗いの際は人員が一人浮くのと、
水が最小限の量で済むので色々とエコです!

コレあるとすごい便利なので、タンク式の洗浄機使ってる方は是非自作してみて下さい!


ベース ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いい歳して…

2013-02-16 01:48:00 | その他
もう1年ぐらい前になるんですが、
ある物を買って弟としばらく戦争をしていました。
予定通り既に飽きているので部屋の隅でカラフルなオブジェ化していますが…
今でも隙あらば不意打ちしてます。

アメリカのトイガン『Nerf』です。


スポンジの弾を発射する対象年齢8歳~の子供のおもちゃです。
日本での代理店はタカラトミーで、
全国のおもちゃ屋で販売中。なんですが…

どうやら馬鹿な大人はウチの兄弟だけではなかったようで…
人気機種は通販を駆使しても定価で買える事はほとんどない程品薄です。
amazonなんかでは並行輸入品の物がかなりの値段で取引されています。
日本で未発売の物も高値がついてますね。

ネットでNerfを検索してもヒットするのは大きなお友達のレビューばかり…
まぁ僕もその中の一人ですが…

でもたまにはね…子供の心を思い出すのも悪くないじゃないですか…

アメリカ生まれだけあって結構ギミックも凝っててテンション上がるんですよ。
流石銃社会の製品だけあって安全性もかなり考えられてます。

威力は無いのに飛距離は結構あるし、
ライトにあそぶには本当に良く出来てる玩具なんですよねー
ライトではあるんですが、真面目に競技してる団体もあるほど熱い玩具でもあります。
僕も実際に触ってみて、思った以上の出来に驚いて結局3つも買ってしまいました笑

バリエーションもハンドガンからライフルみたいなのまで様々ですが、
基本的にはエアコッキングなのでバレルの短い方が精度&威力とも上です。
そこら辺りはちょっとデザインと性能がちぐはぐで残念ではありますね…

電動の物もあるんですが、
あれはちょっと重い…デカイし…
小さいのはモーター回りっぱなしでうるさいし…
僕は小さいやつのほうが好きです。

最後にnerf公式ではないですが
むこうの大きなお友達によるnerfの馬鹿動画。
Manaって栄養ドリンクの宣伝らしいです。
500 Round Per Minute Dart Chaingun Hack
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ワイルド

2013-02-15 01:20:03 | 楽器(小箱系)
エフェクター界の中でも最も頭の悪いペダルの多いであろうジャンルのFUZZですが、
これはその中でも代表格のElectro Harmonix社Big MuffシリーズのRussia版です。

アメリカの会社のロシア版と言うのもややこしいですが、
Electro Harmonixという会社も歴史の長い会社なので色々あったみたいで…
ざっくり言うと創設者のマイク・マシューズがロシアで仕事してた時のMUFFです。
その時の会社名はSovtekで、今でも真空管で有名ですね。

僕の持ってるロシアンマフは最後期型で、Big Muff Originalの色違いみたいな形です。
Big Muff Originalよりはちょっと大きさ小さかったかな?

それでもデカイんですけどね…

Bigと名乗るだけあってデカイです。
それはもう無駄に大きいですね。

普通コレだけ大きかったら中身はさぞ複雑なんだろうと想像すると思うんですが、
それはもうしょうもないです。

Fuzz Faceの次ぐらいにビックリする中身です。

基板自体は大きいんですが、
『プリント基板でよくもまぁこの簡単な回路をここまで大きくしたな』
といった感じの中身なんですね。

実際他のメーカーのコピーモデルはPhase90サイズで作ってる事も多いし、
ユニバーサル基板で自作してもPhase90サイズで作れると思います。
本家も今はSansampサイズのLITTLE BIG MUFF出してるし…

使い勝手の悪さは大きさだけでなく…
何故かロシア版はIN/OUTが普通と逆でシールドの取り回しが悪いのと、


電源が電池のみなので、サプライ使うなら写真のようにアダプター付けるか
MODしてジャック付けるしかないです。幸い筐体は上下で分かれるのでMODはしやすいです。


後はノブがとても軽いので設定が決まったらテープでも貼っておかないと簡単に位置がずれます。
チキンヘッドノブでセッティングが見やすいのはいいんですがね…

音質はよく言われる通り粒の細かいディストーション寄り。
でも『寄り』なだけであって、完全にFUZZでありMuffです。

Big Muffと言えば激歪のイメージがありますが、
実際には結構ローゲインでも使えます。
ゲイン幅があるので思ってたよりずっと使いやすいエフェクターでした。

Metal Muffは使った事無いのでわからないんですが、
Muffは比較的どれもよくLowが出るのでベースで使う人も多いですね。
ロシア製はその中でも最もベース向きと言われているので僕も買ったんですが、
確かに出所不明の謎のLowがモリモリ出ていて厚みは失われないです。
その代わりに抜けが犠牲になっますが…

まぁ抜けに関しては割とFUZZ全般に言える事なので割り切ったほうが良いですね。
今はロシアを元にしたBass Big Muffなんて物もあるし
ベースでの使い勝手を考えるならおそらくこっちを買ったほうが上でしょう。

Muff系で細かく弄りたいなら、
WAY HUGEのWHE-401 Swollen Pickleなんかは外5、内部2で計7つのコントロールがあるので
かなり細かく追い込めるようになってるみたいです。その代わり難しいみたいですが…

まぁFUZZなんて現代においてはそれぞれのペダルの個性で選ぶような物だし、
あまり器用で使いやすい物を求める方が間違いなのかもしれないですね。
ZVEXのFUZZ FACTORYをはじめ変体系FUZZも多いし。

あ、でもFUZZ FACTORYは変態だけど器用です。

FUZZの歪はODやDistみたいなアンプ系統の歪とは違うので面白いですね。
真空管とは早々に縁を切りたい僕としては深く足を突っ込まざるをえないジャンルです笑
Muffはギター用なので当然ギターで使っても素晴らしいエフェクターだし、
ギターとベースの二刀流の人はぜひ一度Big Muffお試しを。

Electro Harmonix Big Muff Pi Russian



ベース ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加