どうする…

適度に頑張る毎日を目指す怠け者の日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボードを組みました

2015-12-27 01:01:41 | 音楽
1年以上ほったらかしてしまっていたボード組の依頼をどうにか年内に間に合わせました。
リバーブはまだですが…すいません…

しかし久しぶりの音楽ネタだ…



ABボックスを頭に入れようかと思ってましたが、
ちょっとスペースが無さすぎたので断念しました。

右上のやたらデカイ箱は電源をまとめて入れてる箱です。
アルミのL字アングルとプラダンで製作しました。
本当は電源まわりをこういった感じにするのは良くはないんでしょうが、

『アダプターやらタコ足やら現地であれこれすることなくコンセント1つで済ませたい
でもボードの中で電源関係がゴチャついてる感じになるのもなんか嫌だ』

とのご希望でしたのでこんな感じにしてみました。

なんとなくサプライのコードもまとめました。


ストレートプラグの黒いのはビニールテープです。
横のL字が接触するので巻いてみました。他の部分も接触しそうな所は絶縁してみました。

こっちはただのズレ止めです。


最後尾のプリアンプにも同じくずれ止めをしてます。
これで運搬時に多少は重力に逆らってくれるはず…

L.R.BAGGSのPARA ACOUSTIC D.I.はDC9Vの一般的なパワーサプライに対応していないので、
電池BOXに少々加工を加えましてパワーサプライで使えるようにしました。


この電池BOXは専用設計の物ではなく、BULGIN社の汎用品だったので1つ仕入れまして、


仕入れた方の内側の箱を加工したので、ワンタッチでオリジナルの状態に戻せます。
もし単品で現場に持ち出して電池駆動させるといった場合でも内側の箱を交換すれば大丈夫です。

ちなみにパッチケーブルはプラグをG&H、
シールドはGotham AudioのGAC-2 V1でKesterの44番ではんだ付けしています。




ベース ブログランキングへ


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鉄人 | トップ | あけましておめでとうござい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。