弐千円札よ永遠に

Remember the 2000-yen bill!

二千円紙幣発行記念の日にあたり

2017-07-19 20:00:00 | 弐千円札/雑記
多摩信用金庫にて調達
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2017年

2017-01-04 00:00:00 | 弐千円札/雑記
両替初め
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

生存報告

2015-03-26 20:56:18 | 弐千円札/雑記
また久しく記事を書いていない.少ないながらも私の文章に目を通し,ときにコメントを下さる方々がいる中で,この体たらくは感心したことではない.しかしやはり活動は精力的に継続している.生活する上での支払いは極力交通系電子マネーに集約し,PASMOやSuicaへのチャージを集中的に二千円札で行うのである.

Twitter上で二千円札の写真をよく見かけるが,撮影された紙幣のシリアルナンバーを見るに,私の仕事の成果と思しきものも散見される.投稿者にも概ね喜んでもらえているようで嬉しい.引き続き精力的に活動に取り組んでいきたい.

ちなみに二千円札は(二千円札が歓迎される)海外に流出している.当然のことながら,東京オリンピックの行われる2020年にはそれらが大挙して逆上陸を果たすことになろう.そして,その2020年は二千円札にとって転機の年になる最後のチャンスにもなろう.それに向けて十分に下地を作っていきたい.
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

二千円紙幣発行記念の日にあたり~民主主義国家の国民として~

2014-07-19 18:00:00 | 弐千円札/論説
本日は二千円札の14回目の誕生日らしい.「らしい」というのは私が記念日に興味をもたないためである.また,私が二千円紙幣流通促進活動を始めて約7年が経過した.そしてその結果については皆さんご存知のとおりである.

私は二千円札を普及させようと試みる中で様々な理屈をこねくり回してきた.曰く
- 慣れれば便利である
- 海外では2のつく貨幣は当たり前である
- 慣れるまでの過程で頭脳が刺激される
- デザイン的に美しい
- 日本国の紙幣としては最高峰の偽造防止技術が投入されている
- 日銀の倉庫内に7億枚もの在庫が死蔵されている
と.しかし最大の理由はこれらではない.

最大の理由は
「日本国の中央銀行が発行した紙幣だから」
「二千円紙幣にも日本銀行法により強制通用力が付与されているから」

である.悪く言えば「御上の言うことに歯向かうんじゃない」ということにもなる.そしてそう言えば「政府の犬め!」「日銀の手先め!」「国家権力に対する批判精神を忘れた物は云々」といった罵声が飛んできそうである.実際「二千円札なんてなくても困らないじゃないか」「税金の無駄」「政府や日銀はバカ」という者は多い.二千円札の受け取りを拒否する者も後を絶たない.また,そうして己がいかにも「空気の読める人間」「権力に対する批判精神を忘れない気骨のある人間」「きっぱりと断れるかっこいい人」と思っている節が見受けられることも多い.極めて浅薄で愚かな発想であると思う.

紙幣そのものは単なる紙切れに過ぎない.それらが社会の中で価値をやりとりするための担体となっていることは自明なことでは全くない.これを発行している日銀と政府が対内的にも体外的にも圧倒的な信用を得ていなければ到底不可能なことである.そして,これは日本国政府と日本銀行のたゆまぬ努力の賜物である.日銀法や強制通用力だけでどうなるものではないのだ.二千円札の存在に意義を唱え,さらには勝手に流通を妨げる人は,部分的にではあるが政府・日銀の努力に水を差すようなことをしているわけである.

日本国は民主主義国家であり,そこに国民として暮らす我々一人一人は日本国の共同主権者である.つまり,国民は被支配者であると同時に支配者でもある.民と君主と言い換えてもいいだろう.そして,私は「日本国が民主主義国家として成熟していくためには,全国民に『自分は民であるだけでなく君主でもある』という自覚が必要である」と考えている.身勝手に自国の貨幣の流通を妨げている人々は,自分が支配者でもあることをどれほど自覚しているのだろうか.
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

車検整備(CBA-CPV35)

2014-05-23 00:22:32 | 
今回もスーパーオートバックス某店にてスカイラインクーペ(CPV35)の車検ならびに整備を受けた.

通常の点検整備以外に
- エンジンオイル交換
- パワステフルード交換
- ブレーキフルード交換
- クラッチフルード交換
- GZOXボディコーティング
も実施してもらったが,これらを含めても17万円かからなかった.また,調子が悪いところなどがあれば重点的に見てくれる.

もしディーラーに出せばフルード類交換抜きで20万円かかっていたところである(5 year coatを頼んだとして).今回はなかったが.ディーラーの営業マンは「お車の調子はいかがですか~気になるところはございませんか~」とはやたらと聞いてくるが,あくまで聞くだけである.そこで修理を頼んだところで門前払いで,サービスフロントにも取り次がない.

さて,2年前に車検を受けたときの記事で,オートバックスはひっそりと車を査定しているのではないかと邪推した.どうやらそれは本当らしい.車検時に車を査定させるとトイレットペーパーをくれるというキャンペーンをやっていた.
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

豪州にて

2013-11-20 20:00:00 | 弐千円札/雑記
今月は海外出張でオーストラリアに来ている.海外旅行をする際には,安全性の観点からも両替手数料を節約する観点からも
「クレジットカード等を活用して多額の現金を持ち歩くことは避ける」
ことが推奨されるが,私の場合はそうもいかない.豪ドルは現地の郵便局や銀行にて調達するのである.

結局,オーストラリア国内にて計100枚の二千円紙幣を捌いた.国内がダメなら海外に活路を見出すのみである.

なお,現在オーストラリアにおいて流通している紙幣ならびに硬貨は以下の通りである.
ドル紙幣: 100, 50, 20, 10, 5
ドル硬貨: 2, 1
セント硬貨: 50, 20, 10, 5
紙幣と硬貨の境界が5ドルと2ドルの間にあるのが印象的である.

なお,20ドル札,2ドル硬貨,20セント硬貨を使う分に問題は生じないのだが,2ドル硬貨が1ドル硬貨より小さいこと,1セントは二捨三入となるあたりは慣れが必要である.
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

生存報告

2013-06-13 22:00:00 | 弐千円札/雑記
久しく記事を書いていないが,私は活動をやめたわけではない.むしろ実践に関しては昔よりはるかにタフである.かつては月に50枚程度が関の山であったが,現在は100~200枚をさばいている.意外なことに,台頭する交通系電子マネーの存在が「今までとは次元の違う」活動を可能にしてくれた.

これからも二千円札,格子状配列でDvorak配列のキーボードなど,「ひとたび慣れれば合理的なはずなのに日の目を見ないでいるアイテム」を積極的に使用し支援していきたい.
Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

三井住友銀行某支店にて

2013-02-02 21:18:34 | 弐千円札/雑記
今回は嬉しい知らせである.私が時おり利用していた三井住友銀行某支店にて,先月末まで二千円札が装填されていなかった両替機に,ついにそれが装填されるようになったのだ.このご時世に英断を下してくださった関係者各位に,この場を借りて深い謝意と経緯を表したい.

もともとこの地域は多摩信用金庫の縄張りで,私は主にその支店で二千円札を仕入れてきた.ところがこの活動をしていると手元に尋常ではない枚数の千円札が溜まる.カード式両替機が一度の取引で受け付ける紙幣の枚数は20枚までであるため,一回のオペレーションで入手できる二千円札の枚数は10枚にしかならない.そこで,私は千円札を一旦一万円札にまとめ,しかるが後にたましんの両替機を利用することになっていた.今回三井住友銀行を訪れたのも,溜まった千円札を一万円札へとまとめるためであった.かくして・・・予想は良い方向に裏切られた.
Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

TypeMatrix 2030キーボード

2012-12-27 22:44:04 | PC関連
先日,米国TypeMatrix社製のキーボード(Model: TMx 2030 USB)を購入した.

今でも私はキーボードに関しては保守的で,レイアウトは英語配列(US English)でなければならず,なおかつCtrlキーは"a"の隣にないと落ち着かない.しかしながら,従来のキーボードに対して不満も抱いていた.それは,キーの左右方向の位置が段によって異なっていることである.つまり,数字の並んでいる一番上の段は左に寄っており,QWERTYの段,ASDFGHの段,ZXCVBNの段へと下がるにしたがい右に少しずつずれていく.その結果,たとえば数字の6は本来右手人差指の担当らしいが,ホームポジションからの距離という点では左手の人差し指の方が近い.

こうなっている理由はシンプルで,単に昔のタイプライターの名残りである.つまり,一つ一つのキーがアームにつながっており,それらのスペース的な干渉を避けるために各段のキーの位置をずらさざるを得なかったのである.また,俗に「QWERTY配列」と呼ばれているものも,本来はキーの早打ちでタイプライターのアームが絡まってしまわないよう,わざと打ちにくい配列にした結果という話も聞いたことがある.

つまり,PCの時代になって久しいのにキーボードだけが旧態依然としたQWERTY配列のままであるのは,エルゴノミクス的な観点からは不合理きわまりないことなのだ.私はかねがね,そのようなものを21世紀にもなって放っておくのはけしからんことだと思い続けてきた.そして最近になって,合理的なキーボード,つまりはキーが整然と格子状に並んでいて,さらには必要に応じてDvorak配列にも対応可能なものを探し始めた.その結果たどり着いたのがTypeMatrixだったのである.





悲しいかな,不合理きわまりないと言いつつも長年の慣れとは恐ろしいもので,まだタイプミスの連続である.しかし少しでも慣れてしまうと従来のキーボードにも戻りづらい.EnterやBackspaceの場面で左手人差指が思わず出てしまうようになってしまった.いっそのこと自分が触るキーボードはこれで統一するか...

ちなみに本製品はMade in Chinaである.気にする方には注意されたい.
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Vornado 723J and 783-JP

2012-10-14 10:52:00 | 買い物
この夏,節電のためというわけでもなかったのだが,私はついにサーキュレーターなるものを購入した.部屋の中の空気を循環させることではなく,屋根裏にこもる熱気を屋外に吸い出すことを考え,できるだけ強力なものを選んだ.
Vornado 723J Air Circulator
Vornado 783-JP Air Circulator
前者はトキワカメラから,後者はヨドバシカメラから,それぞれ購入した.



いずれも安い買い物ではなかったが,これらはそれ以上の働きをしてくれた.
Comment
この記事をはてなブックマークに追加