好曲好盤探訪

名曲か、名盤か、というより、個人的好みで好きな曲の好きな演奏との出会いを求めてボチボチと。同じような方の参考になれば

ブラームス 交響曲第1番 テンシュテット/NDR響

2016-10-16 12:24:05 | ブラームス 交響曲第1番
ブラームス 
交響曲第1番 

指揮…テンシュテット
演奏…NDR響
好み度…5(5点満点)

どっしりと腰のすわった厚い響きに躍動感を与え、包容力と深みと風格をまとった、堂々たるブラ1。一級の名演。
第1楽章から低弦もがっちり効かせた気迫のこもった骨太感十分の響きであり、第2楽章の弦の重なりは厚く美しい。
終楽章がまた圧巻。冒頭は深い弦の響きから始まり主題独奏部でのホルンの重なりとか、雰囲気たっぷりだし、有名な主題も情感豊か。
深い響きはこの楽章で活力を増し、ずしりとした低弦が、木管が、ホルンが、活き活きと、厚く重なりあう響きは力強くも美しい。フィナーレもなかなかに輝かしい。
ジャケットの記載では1992年6月とあるから、晩年の録音ということになるが、晩年のテンシュテットの録音で聴かれるフルートが特に前に出ることもなく、また、ティンパニが特別強打されることもない(とはいえ効果十分に力強いが)。
力任せに似た熱さを感じるというものでもなく「爆演」等と呼ばれるような演奏ではない。活きと熱さをぎゅっと詰めながら、厚さと深みと風格をもまとうような、晩年のテンシュテットが到達した高みを聴く思いがする。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラームス 交響曲第2番 ... | トップ | ベートーヴェン 交響曲第5... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。