好曲好盤探訪

名曲か、名盤か、というより、個人的好みで好きな曲の好きな演奏との出会いを求めてボチボチと。同じような方の参考になれば

ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」 アンセルメ/スイスロマンド管

2016-10-16 12:29:18 | ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」
ベートーヴェン 
交響曲第5番「運命」 

指揮…アンセルメ
演奏…スイスロマンド管
好み度…3.5(5点満点)

全体的に重厚感はなく、どちらかといえば明るく軽量級の響きだが、なかなかキビキビと快活なところを聴かせている。
第1楽章ではホルンや低弦の支えも効いていて、軽めとはいえここぞというところでのびやかに鳴り渡る高弦は開放的で快活な感を受ける。中盤少し音量を落としたり終盤の運命の動機の前でぐっとテンポを落としたり、変化をつけているが、これは好みかな。個人的には特に功を奏しているとも思えないが嫌味でもない、まぁ、それはそれでちょっとおもしろいか、といったところ。
第2楽章は軽めの明るい弦がどこか明るい田園的な雰囲気を醸している。
終楽章も重厚とか豊かとかというよりは快活。音作りは比較的シンプルだが結構躍動感も感じさせる(終盤は結構軽い)。
肩の力を抜いて快活に聴ける運命にように思うが、繰り返し手に取るか、といわれたらそういう魅力は特に感じないかな。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラームス 交響曲第1番 ... | トップ | ラフマニノフ ピアノ協奏曲... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。