好曲好盤探訪

名曲か、名盤か、というより、個人的好みで好きな曲の好きな演奏との出会いを求めてボチボチと。同じような方の参考になれば

チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」 アニハーノフ/レニングラード国立歌劇場管

2017-04-23 21:49:49 | チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」
チャイコフスキー 
交響曲第6番「悲愴」 

指揮…アニハーノフ
演奏…レニングラード国立歌劇場管
好み度…4(5点満点)

ホールの特性か録音の特性か、残響が非常に多い録音だが、これが深みは感じないが厚く美しい雰囲気に作用している。
展開もおおらかで、第1楽章の第2主題などはゆったりと自然なタメも聴かせて美しさが印象的でもある。展開部も大きく残響美しい響きで、このおおらかで自然な響きがロシアの指揮者・オケにとっての悲愴なのかもしれない、とも思わせる。
第3楽章もキレ等は感じないが、ごく自然で力まないそれでいて終盤は結構厚く大きな響き。
終楽章も力みかえることはないが、ごく自然な美しさを漂わせている。
特別うまいわけでも情感あふれるといったわけでもないが、自然でおおらかで大きな響き・展開と、美しい残響が印象的な、これはこれで悲愴らしい盤と思う。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラームス 交響曲第1番 ... | トップ | ブラームス 交響曲第4番 ... »

コメントを投稿

チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。