い・ち・に・ち

明日が今日になって昨日になるような毎日

百八歩

2017-08-31 | 道しるべ

ここまでを 終わりとするか 始めるか

自分で決めていい
立ち止まってしまった今
考える余裕はあるだろうか
正しい答えは見つかるだろうか

顔を上げて
見えたもの
うつむいて
気付いたもの

無駄な事って
何だろう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百七歩

2017-08-30 | 道しるべ

音も無く 落ちたしずくの 波紋が泣く

お母さんと呼ぶ
お帰りとほほ笑む
腕の中のぬくもりを抱く

たった一言で
瞬間の出来事で
鼻の奥がツンとする

見えない心の
真ん中の深さに
広がる波紋が

続く限り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百六歩

2017-08-24 | 道しるべ

白の線 羽ばたきもせず 空に乗る

朝の視界に
白が空を横切る
紙飛行機みたいに
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百五歩

2017-08-21 | 道しるべ

真を射る 弾む響きの 声に跳ぶ

嫌な事
不安な事
弾む空間で
すべてが取れた

全身に浸み込むのは
音符の調べ

スクリーンで分割された
眼差しの奥に
吸い込まれ
振動に乗る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百四歩

2017-08-16 | 道しるべ

会いたいと 願う痛さに 雨が染み

ただ風に向かい
雨に打たれ
白い冷たさを踏みしめながら

それでも
会いに行き
顔を見て
安堵する

見えない現代は
姿を変えて
伝える便利さが
張り巡らされても

ぬくもりの
距離感が
すべてを超える
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百三歩

2017-08-13 | 道しるべ

揺らめきの 変わる香りに 過去写す

世の中がどんなに変わっても
今の自分は
過去から成り立っている訳で

普段から思い出として
そこに無くても
立ち上る
香の揺らぎに
手を合わせる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百二歩

2017-08-09 | 道しるべ

濡れた汗 芽吹く大地に 眠る種

花が咲く
自分の色をまとって
ゆっくりと目を覚ます

太陽を目指し
雨を受け止め
大地に感謝して

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百一歩

2017-08-08 | 道しるべ

明日に見る 未来の思い出 問う昨日

過ぎたことは
仕方ないと
切り替えて
次に進めと
言われた事がある

励ましも
助言も
素直に受け入れられない
真ん中にいる時

境界線までの距離は
360度同じ
向かう方角は
自分で決める
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百歩

2017-08-05 | 道しるべ

そよ風で 見えない思い 消える時

わがままだと思う
タイミングだと思う

言われたくない事
やりたくない事

涼やかな風に目を閉じて
深呼吸したくなるような
そんな中で

一瞬で消える
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裏の畑で

2017-08-03 | いちにち
雉が鳴く

朝食の片づけ時
最近減ったと思っていた
飛び立つ時の掛け声

いつもなら
二度叫んで羽音がする

昨日は
短く何度も鳴いていた
羽ばたくタイミングで
大地が揺れ
鳴き声が続く

コメント
この記事をはてなブックマークに追加