い・ち・に・ち

明日が今日になって昨日になるような毎日

九十七歩

2017-07-18 | 道しるべ

満天の 星を敷き詰め 夢を見る

向こう側からすれば
見上げた空に浮かぶ星の
一粒にも満たない小さな生き物

手の届かない
想像上の現実の中
精一杯の壮大な夢

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九十六歩 | トップ | 九十八歩 »

コメントを投稿

道しるべ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL