遠くまで・・・    松山愼介のブログ   

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
読書会に参加しているので、読んだ本の事を書いていきたいと思います。

 松山愼介著『「現在」に挑む文学』発売のお知らせ

2016-12-31 17:47:43 | 小説
 
 松山愼介著『「現在」に挑む文学』が響文社から出版されます。正式には1月13日の発売です。村上春樹、大江健三郎、井上光晴を取り上げました。このなかでも『村上春樹と「一九六八年」』は村上春樹の学生運動体験に焦点を当てています。一九六八年を体験した人にも、体験していない若い人にも読んで頂きたいと思っています。一応、文芸評論になるかも知れませんが、作品を体験的に読むことで分かりやすく書いています。大江健三郎は現在の大江からは考えられないほど過激だった一九六〇年前後、当時の社会党委員長浅沼稲次郎を刺殺した山口二矢に同化した作品『セブンティーン』を中心に分析しました。井上光晴は谷川雁とのかかわりから初めて井上光晴の共産党、原爆、部落体験を分析しました。



















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石川淳『紫苑物語』を読んで | トップ | 松山愼介著『「現在」に挑む... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。