Nastro azzurro

思いつきで書いていきます。ビールとは関係ないです。

その後の顛末(八田與一銅像事件)

2017-05-21 | 思いつきの話・思い出の話
その後の顛末を追記します。

容疑者(というよりも自ら犯行をSNSで告白したうえで出頭した)が、捕まりました。
日本では「元台北市議の男」としか報道されなかったが、「李承龍」という中華民國籍の男と、共犯の女が逮捕されました。
この李承龍という男、元台北市議という肩書とはいえ、その実態は「親中・反日」の活動家であるとも聞きました。

被害にあった八田先生の銅像は、別に有った八田先生の「胸像」の頭部を利用して、迅速に緊急修理が行われました。
台南市の頼清徳市長(民主進歩党)はじめ多くの台湾の人々の尽力、多くの寄付金(日本からも寄付金が寄せられたそうです)によって、
5月8日の式典までに修理が完了し、式典は無事に執り行われました。(5月8日は先生の命日、記念式典が行われる)
修理のために使用した「胸像」については、今後、時間をかけて復元するとのことです。

やはり、「八田與一」先生は台湾の皆さんに愛されています。
おなじ日本人として誇らしく、うれしく、感謝の気持ちでいっぱいです。


人気ブログランキング
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とにかく悲しい | トップ | 数時間国際国内旅行の話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

思いつきの話・思い出の話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。