HAPPY-GO-LUCKY!

E・コッカーのころっけと戯れる、 浪費派リーマンのゆるい生活

老境にあって…の巻

2017-05-15 11:35:58 | 食・レシピ
老夫婦ところっけはいつも一緒。

だから、お出掛けするのを察すると、すぐにスタンバイするころっけ。

前回も紹介したけど、こんな感じ。




ところがね。

久しぶりにころっけをおうちに残して、老夫婦でカフェ巡りをしたら…

帰宅すると、ソファで粗相をしてました…。

怒ったのかな?



奥さんの言葉によると、「『あたん』した!」って。

「仕返しに、腹いせに」って意味のようですね。

ごめんね~。


って、ここは叱らなきゃいけないところかw


そんなころっけの「反乱」を引き起こしたのは、このカフェ行。

八千代町にある「舞」(http://www.coffeean-mai.com/)ってお店を訪れたのです。

前日、ころっけは日帰り山口行をしたばかり。

車内でずっとハウスしてて可哀想だったので、お留守番させたのでした。


で、なぜ、この「舞」を目指したのかというとね。

奥さんが古民家カフェの本を買ってきたから。




こんな番組を毎週欠かさず観ているわが家。

もはや老境にあるので、古民家カフェなんてのがジャストフィットなのです。




掲載されている中では一番近いので、GO!ってコトに。

道中、「おおっ!」って車に会いました



これは348!



しかもカブリオレ!

後部座席に二人も乗ってらっしゃいました。狭かろうにw


それにしてもなかなかの爆音。



うちのP君がおとなしく思えたよ~。


さあ、お店に着きました。

落ち着いた感じ。



国道54号沿いなのですこぶる便利。



景観って意味では物足りないけどね。


ただ、お味はしっかり。

もともと著名ホテルの料理長さんだったんだって。





で、見た目も麗しいのよね。




これにドリンクも付いて1350円のランチセット。

コスパも高いよね。


でありますから、お客さんが千客万来。

若い女子もいれば、近所?のベテランの女子も。

みんなペチャクチャ楽しそうでしたよ。


以前、プログレスのシマシマ店長と土師ダムに向かった帰り、昼食難民になりかけたけど、ここに来ればよかったんだね。

http://blog.goo.ne.jp/19960408/e/5542ad8732d5bbe34f9ffe613477836c


帰り、プログレスに寄り、6月18日の中海ライドの申し込みを。



DNSしなければ、久しぶりのイベントだなあ。

店長、アテンドのほど、よろしくお願いします。


そんなこんななのですが、iPhone画像を見直してたら、いろんなところで遊んでるなあ。

老境にあるようなないようなw


例えばこれ。



シャレオであったプレミアムモルツ祭りだね。

その辺を歩いてたらやってたのでついつい。




そういえば、ここにも。



アントニオ。

https://r.gnavi.co.jp/3xv5cffa0000/

魚介がウリのイタリアンとゆーか地中海系とゆーか。

気に入った食材を料理してもらいます。



まずは乾杯。



とりあえずって感じで。




あとはもろもろと。








メインとして、ヒラスズキのグリルをお願いしてみました。



ここまでが基本、塩&オリーブオイルだったので、うっすらカレー粉風味のヒラスズキが美味しく感じられたな。


で、一見ゴージャスにやっておるわれわれですが、実は天の配剤があったのです。

うふふ。



5千円の食事券wって感じ。

ありがとうございました。


そんなこんなで、ころっけのお散歩もそろそろカフェ使いかな。

いつものセントラルだね。



「アタシのは?」ってさ。



あげないと、拗ねちゃいましたよ。



もう「あたん」しないでね~。


そういえば、おうちのテーブルを折りたたみました。

少し狭苦しかったからね。



焼酎をいただきながら、お勉強を始めました。



今年のPOGは現在、大変な惨劇でありますが、まあ、これもなんとかなるでしょう。うふふ。


こうして振り返ると、まだまだエネルギッシュとゆーか脂ギッシュだなあ。

可愛らしく枯れていきましょう。

うんうん。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週もGO WEST!の巻 | トップ | さあ、お勉強!の巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL