HAPPY-GO-LUCKY!

E・コッカーと戯れる、 浪費派リーマンのゆるい生活

イカは呼ぶ!の巻

2016-12-07 15:41:10 | グルメ
会社で目の前に座っているのがネエヤン。

同期だから30年来の仲。

これまたさまざまに遊んできて、今もいぢってもらってます。


で、そんな彼女が「かっちゃん、今夜、イカ喰わん?」って。

アオリイカが手に入ったのだそう。



行きつけの寿司屋さんに持ち込むとのことです。

この方はめったやたら、いろんなモノが手に入るヒトで、これまでも数々の珍味をご相伴させてもらってきました。

「奥さんも連れてきんちゃいや」とのこと。

老夫婦は夜の街にいそいそと出かけたのでありましたよ。


お寿司屋さんはここ。

「鮨や之里」。


https://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340101/34017500/



ああ、ここは8年ほど前、以前の店舗の時によく来てたお店だ。

例えば、ブンカブデスクとしていじった新人のニッティーをホードーブに送り出す折。

そっちのデスクだったキーキーに引き合わせた寿司屋さんだね。

懐かしいなあ。


とゆーことで、まずはビール二杯からの日本酒。

美和桜からはじめます。



こうしたモノをいただきながら、アオリが出てくるのを待つのです。




おお!



美味い。甘い。美味い。


ゲソも最高だね。




そういえばアオリイカって昔、ねえやんの旦那さんでもあるフルフルと釣りに行ったなあ。

柳井から出港し、大水瀬、小水瀬辺りで頑張った記憶が。

ハマチとアオリの両方狙いっていう豪気な話で、俺は連れなかったんだけどフルフルはゲット。

優しい彼は俺に持って帰らせてくれたような記憶がありますね。


そんなこんなを思い出しながら、大騒ぎ。

ねえやんの「助さん角さん」(笑)のひとりも一緒にわあわあやりましたよ~。



ほかにもいろいろ頼んだんだけど、楽しすぎて写真はなし。


で、そろそろ握って貰おうかと。

江戸前のそれそれ仕事を施した逸品ですな。

シャリが酢飯っぽくないのが特徴でもありますな。

大将いわく、「酢が嫌いだから」って(笑)


ここからは順不同です。










練りに練った八巻だそうです。

ただ、七巻しか撮ってないし。しかも、ピンが合ってないのもあるのがかたじけない。








いやあ、美味しかったなあ。

お寿司屋さんの楽しさを再認識した夜でした。


そんな老夫婦はねえやんたちと別れ、おうちに向かいます。

「ああ、食べた、食べた」っておなかをさすりながら。

ただ、バカはこーゆーことをしちゃうんだよなあ…


おいっ!と。



天津かいっ!




入ってオーダーした瞬間、満腹なのに気付きました。

同じように八巻ほどいただいた奥さんは、もちろん箸を付けません。

いやあ、苦しかった(笑)


そんなこんなの楽しい夜。

トリミングして超絶可愛くなったころっけのお迎えを受けながら、更けていくのでありました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 街で暮らすといふこと…の巻 | トップ | モコモコな私の巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL