HAPPY-GO-LUCKY!

E・コッカーのころっけと戯れる、 浪費派リーマンのゆるい生活

COLNAGO「しまなみ」老夫婦!の巻

2015-05-06 12:34:46 | サイクリング

しまなみ海道というと、サイクリストの「聖地」なわけですね。

もう30回以上走ってる小生。

残念ながら「日常」になってしまっちゃったけど、「いつかはしまなみを」って考えているサイクリストはいっぱいいるわけ。


で、世界で一番恵まれている、あるいは「過保護」、あるいは「善意の押し売りの被害者」として名高い奥さん。

過日、ついにロードバイクでのしまなみデビューです。





で、さあ、出かけましょう。






豪快に段積みです。

まあ、別に問題はないんだけど、何となく冴えないね。

縦積みできるクルマ、買っちゃおうかなあ。


で、いつもの須波港へ。






若干、どよーんとした感じの奥さんw

「どこに連れて行かれるんだろう」って感じですね。




怪しい男がエスコートするのだ!




今、気付いたけど、LASってイタリア製だったんだね。




フェリーでどんぶらこ。




沢港に着いたよ。


さあ、走り出しました。



いつも思うけど、「ワイハ風」だよね、この辺り。




ひょっこりひょうたん島でやんす。




最初の多々羅大橋が見えてきたぞ。




頑張って取り付け道を登ります。




登り切ったぞ!




今度は橋上。




それにしても素晴らしい景色だよね。

先日見たTVで「空の上を走ってるよう」って紹介されたけど、まさにそんな感じだ。


お約束の「鳴き竜」。


叩き回しますw




そしてお約束のシリウスポイント。




さあ、どんどん参りましょう。






日焼け防止に人生を捧げる彼女です。




それにしても、俺、怪しいなあ…




休憩しながらゆっくりゆっくり。


そして伯方の道の駅を超えました。

奥さんにしてはK点超えです。


とゆーのも、以前、クロスバイクで走ったんだよね。

http://blog.goo.ne.jp/19960408/e/ead318793414ca12136291cb410be418


伯方島の道の駅より先は「未体験ゾーン」!


さあ、行くゾ!


って、でも、大島に渡ったらもう休憩。


さあ、ご飯です。

ホントは宮窪の食堂兼旅館で食べるはずだったんだけど、お休み。


こんなのを探し当てました。





村上水軍博物館の真ん前です。



それにしても、こんなにリッパだったかな?


店内はこんな感じ。






おっ、杏だ!




で、能島定食と刺身定食。






正直、今治の名店に比べると「???」でしたが、まあ、こんなもんかな。


今治に渡って、フェリーでショートカット!も考えたんだけど、とりあえず安全策を。

とゆーことで引き返しましょう。


宮窪名物、柴の「弁慶君」。







ダチの密教君のお気に入りです。

元気そうでヨカッタ!


ここで待ってますよ。




伯方の道の駅でお買い物。




再びシリウスポイント。こっちのアングルの方がいいなあ。




多々羅大橋を降りたとこで、おばちゃんたちの私設エイド。



レモンやミカンをいただきました。

こんなとこがいいよね、しまなみは。ありがとうございます。


帰りはあっという間。

瀬戸田に着いたらこれだね。






ももと手羽先をお買い上げです。


さらには仕上げでこれ。






ああ、美味しい。ホントにサイコーだね!


ってなことをペチャクチャ喋ってた老夫婦。

「フェリーって何時だっけ?」って時刻表を確認したら、なんとあと5分で出港です。


「ダメでも仕方ないから、とりあえず行ってみよう!」と最後のスプリントです。

ギャン踏みで沢港へ。

まあ、俺は間に合うけど、初めての50キロ越えを果たしたばかりの奥さんには過酷w


それでも、待合所のおぢさんの「待ってぇ!」の大音声やらの助けを借りて、何とか間に合いました!





楽しいアトラクションもあって、なかなか楽しかったしまなみです。


次はとびしま。

バイクは。楽しさをどんどん広げてくれます。


奥さんがどう思っているかは知りませんwww

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FFよいとこ、一度はおいで ♬の | トップ | やっぱり海の子! 12歳!の巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL