HAPPY-GO-LUCKY!

E・コッカーのころっけと戯れる、 浪費派リーマンのゆるい生活

ファッショナブルなわし…の巻

2016-09-15 15:02:01 | コスメ・ファッション

ふだん、まっことカジュアルな恰好で仕事をしてるわし。

で、何の意味もなく昨日、スーツにネクタイで出社しました。




するとすると!

大げさではなく何十人もの方が、「何かあったんですか?」と俺様に聞く。

「いや、そろそろ本格的な就職活動を」って答えたいとこですが、皆が引きそうなのでそこはぐっと堪えてますw


で、「お似合いですよぉ」って幾人かの女子。

あきらかにわしをいぢっておるw

齢五十二を重ねてなお、こーゆーことを言われるわしは何なのよ?と。


ってなことをFBに書いたら、これまた食いつきが良いことこのうえない。

みんなワシをなんと思うとるんじゃ!って話です。


ただ、確かに俺以外の年寄りはみーーーーんなちゃんとスーツを着ています。

そりゃそうだよね、オトナなんだから。


その中で、小生はずっとノーネクタイ、そしてヘンな柄シャツ。

時にはジーンズで現れる狼藉ぶりです。


そういえば思い出した。

俺、若い頃、基本的にこんな恰好で仕事してました。

春から秋はこれ。



バラクータのG9。

盟友Tとお揃いで買って着てたのさw


で、冬はこれ。

シェビニオンの革ジャン。



これじゃないけどね。

これを着たまま、真冬の火力発電所の海に転落したのはナイショですw


で、夏はアロハだったってKすけ君が言うけど、それはさすがになかった(と思うw)


まあ、基本ヨゴレ仕事ばかりだったわけよ。

山の中をサツに見つからないように匍匐前進するとか、繁華街でヨゴレに声掛けてダチになるとか。

そんな「お仕事」にスーツなんてまるで必要ありませんね。


で、思い出したのは一年生の時。

いつものようにヘタを打って、当時のキャップに叱られてたわし。

エキサイトしたキャップはこうおっしゃいました。

「だいたいお前はふざけとる。なんやそのジーパンは!」と。


小生のリーバイス501、これが付いておりました。




「お前、明日からジーパン禁止じゃ!」。

叫ぶキャップはしかし、こうもおっしゃいました。

「T(現アニイ)はええ。Tはかっこええけえのう」。


仕事が出来ず、さらにカッコ悪いボクはよよと泣き崩れたモノでございます。


で、また思い出した。

ネクタイを全くしなかったわけじゃないのよ。


ある日、ある県警本部に奥さんを呼び出しました。

「悪いけど、スーツとシャツとネクタイ持ってきてくれる?」って。

なぜかとゆーと、その日は悪い人がいる金融機関に追い込みを掛ける用事があったのですね。


相手は役員さんたちなので、上記のような恰好では失礼だろうと。

ヴェルサーチで身を固めたチンチクリンの登場です(笑)



革ジャンより、もっと始末が悪いよね。


そう、持ってないわけじゃなかったのよ、スーツ。

ヴェルサーチやらゼニアやら、ダンヒルやら、まるで方向性が違うんだけど、たんすの中でうず高く。

30万ペソのとか、今思えば何で買ってたんだろうねぇ。

脳内バブルってのは恐ろしいですな。うふふ(って、何がおかしい…)


てなことで、脱線のしっぱなしですな。

まあ、こーゆー出で立ちなわけですよ。




ただ、こんなの付けてるから、ふざけてると思われるんだな。




そうだ、また思い出した。

ずっとスーツにネクタイだった時代もあります。

ジンジブチョーさんの時とか。ソウムブチョーさんの時とか。

まあ、そりゃそうだよね。

「お前がルールを破ってどうする」って仕事だもんなw


ただ、ブンカブチョーさんとかホードーブチョーさんの時は、てきめん怪しくなるけどねえw

そんなある時、ホードーブチョーさんになってすぐだったかなあ。

ヘンシューキョクチョーさんに呼ばれました。

「HAPPYMAN君、一つだけお願いがある」とキョクチョーさん。

「うん? なんすか?」って俺様。

言いにくそうに、キョクチョーさん、おっしゃいました。

「頼むから、ネクタイをしてくれるか?」って。


にこやかに「ノープロブレム!」って快諾するバカ。

って、当たり前だよ!

いろいろあり、ご迷惑もお掛けしていたんでしょう。申し訳ありませんでした orz


まあ、そんなこんなのボクですが、最近は基本、こんな感じです。




2年前がこれなんだけど、ちょっとちっちゃくなっちゃったなあ。




今朝、これまたずっと着てるブルックスブラザースのブレザーを取り出したら、ぶかぶかでした。

いいことと言えばそうなんだけど、いろいろ物入りですな。


これで勉強致しましょうかね。



常識的だし。


でも机の上は、デーハーなこちらで埋め尽くされてるんだけどね。



ただ、エルメスのジャケットやらアストンマーチンはさすがに無理だ。

だって、シロートだもん(笑)


追伸

社内をウロウロしてたら、こんなもんがあったのでパクってきました。



そして思わず涙しながら今、食べてます。


これも新人サツ回りの時。

前述のキャップがボクにおっしゃいました。

「おい、カツ! 豆買うてこい!」

「ひゃいっ!」ってボク。


県警の9階から売店のある12階まで階段を駆け上り、はあはあ言いながら豆も差し出すボク。

するとキャップ、大音声でこうおっしゃいました。


「わりゃ、カツ! お前は何を見よるんなら! ワシが食う豆はイシカワのイカリ豆じゃろうがぁ!」

そしてその後、「観察眼がない」「だからお前はダメだ」と小一時間。


鉄のメンタル、ここで手に入れました。わはは。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボクのルーティン…の巻 | トップ | 家売るオンナ(オトコ)!の巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コスメ・ファッション」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL