湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

井上靖の詩

2016-10-18 11:59:15 | 
井上靖はTが好きな詩人のひとり。小説家としてしか認識していなかったけれど、詩集もこんなに出していたんですね。
 井上靖全集第一巻口絵より
「北国」から一篇引用します。

十月の詩

はるか南の珊瑚礁の中で、今年二十何番目かの颱
風の子供たちが孵化してゐます。

やがて彼等は、石灰質の砲身から北に向つて發射
されるでせう。

そのころ、日本列島はおほむね月明です。刻一刻
秋は深まり、どこかで、謙譲といふ文字を少年が
書いてゐます。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時間の詩パート8 | トップ | 井上靖「猟銃」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。