湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

雨の詩パート6

2017-05-19 09:07:37 | オリジナル
共通テーマ「雨」でEが書いた詩を投稿します。

 

課題があって
月例会にあわせて詩を書く
たとえば「雨」
 今日も雨か 車内がむしていやだな
程度のことしか感じない者には
詩はなかなか書けない
書けたとしても
 それがどうした
程度の詩もどき

雨について書けば
雨よりもむしろ書き手が写し出されてしまう
微積分の問題には解は一つ
いわば平面におかれた一点
雨には無数の解がある
たとえば立方の中のどの一点を選ぶか
人の器量がかかってくる

科挙
作詩が重要な課題だった
そんなことだから
西欧に遅れをとったのだ
半ばあきれていたが
下僚はともかく 執政を選抜する方式としては
存外捨てがたいものかもしれない
当今の日本に取り入れてみたい
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五月雨で一句 | トップ | 雨の詩パート7 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。