湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

昨日のプレバト句

2017-07-14 17:23:53 | 文学
海と駅のお題で競った昨日のプレバトで特待生4級に昇格した中田喜子さんの句。 空蝉の転がるベンチ海の駅
夏井先生によれば「転がる」という動詞が評価のポイントとのこと。普通の動詞ですが「空蝉」という季語につけることで、読み手に具体的な想像を呼び起こす印象深い描写になっているんですね。

キスマイ北山くんの最下位作品が先生の添削で劇的に生まれ変わったこの句も印象的でした。 青嵐水平線に割れる青
わたしたち湘南句会のメンバーが好きな海を詠んだ名句もご紹介します。
しんしんと肺碧きまで海の旅  篠原鳳作
次回の湘南句会は逗子市民交流センター1階で、7月21日(金)16:00~。兼題は「花火」です。
既に見学希望のご連絡をくださった方もいますが、事前連絡なしで直接見学に来る方も歓迎します。
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真新しい光 | トップ | 曇るの詩パート3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。