湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

時間の詩パート6

2016-10-14 15:46:43 | オリジナル
交流センター1階カウンターで花瓶に活けてある枝に不思議な実がなってると思ったら、いつもセンターに折紙アートを提供している小林さんが折った柿の実をスタッフが付けてくれたんですって。

では、共通テーマ「時間」でTが書いた詩を投稿します。

不倫

雨が降り始め
窓ガラスに滴が流れる
にじんでいく時間

怠惰でいい
不誠実でいい
ただ抱き合い 乱れ
疲れてまどろむ
目覚め また まさぐり合い
部屋は熟れていく
互いの行き先など知らなくていい

窓を少し開けると
軒下のくもの巣にたくさんの滴がついて
かかった蜻蛉も水晶になっている

くもの巣だけが
確かな時間の中にある


「時間」の詩の締切は10月22日(土)。合評会は10月24日(月)14:00~です。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俳句展&時間の詩パート5 | トップ | 今週末はマーケット日和 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。