湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

時間の詩パート4

2016-10-12 08:07:34 | オリジナル
テーマ幻の時に不評だった「夢幻」を大幅に改めて「時間」の詩にしたAの作品を投稿します。

幻の時

今年も夏が死んだ
成長を止めた影たちは
我慢のにじむ疲れた顔で
シンボルロードを引き返し
現実の岸へ戻っていった
落とし物は波にさらわれ
もう海岸に旗は出ない
秋の誕生は遅れに遅れ
待ちきれずに虫たちがすだく
土の中では幼虫が
永遠の夢に浸っている


改稿前の詩とその批評を下に記します。
夢幻
セミの死骸が転がって
蜃気楼のような夏が逝く
成長を止めた影たちは
シンボルロードを疲れた顔で
現実の場所へ戻って行った
落とし物は波にさらわれ
もう海岸に旗は出ない
虫の集きが止むころには
次の季節も幻と消え
土の中では幼虫が
とろけた夢に浸るのだろう

:作者の弁 :評者の弁
出だしが「いかにも」で、面白くないな~。
この2行が浮かんで書き始めたのにダメ?
気障な感じがします。最後から3行目は当たり前って感じ。
その前の行の「集く」ってどういう意味?
群れて鳴くという意味合いで使いました。真夏の海水浴客と秋の虫たちをなんとなく掛けたんですけど。
中盤にはAらしい独自の表現があるんだけど、全体的には不発。題名も変えた方がいいと思います。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 逗子ファンタジー&時間の詩... | トップ | 俳句展&時間の詩パート5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。