湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

はやいの詩パート2

2017-06-20 00:59:53 | オリジナル
共通テーマ「はやい」でTが書いた詩を投稿します。

光が届けば

赤い海には深海魚がいる
赤が光を遮るので5メートルの海底は闇
触覚だけが進化した生命体が
ひそひそと動いている

私のなかにも赤い海がある
   嫌悪 侮蔑 嫉妬
ぬめりと棲息しているものたち
見つめ続けると巨大化し
私の全ては呑み込まれる

珊瑚礁の海に浮かぶと
たゆたう波が私を揺らし
コバルトブルーが私の中へ浸透し
突然
古い記憶の再生が早送りになる
  むさぼるように食べた木いちごの甘さ
  香りを頼りにスイカズラの花を探した午後
  海ほうずきを鳴らした唇の感触
  残照の紫に染まった雲
  裏山から聞こえていたコジュケイの鳴き声

赤い海と共に棲息していたものたちは消えていく
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田越川の鮎 | トップ | はやいの詩パート3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オリジナル」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。