湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

鬼の詩パート2

2017-02-13 16:46:36 | オリジナル
今日は2月の合評会パート2をやりました。参加者5人で楽しく言いたい放題、有意義に詩を勉強できてよかったです。
では、共通テーマ「鬼」でTが書いた詩を投稿します。
 川鏡富士見橋
女優

あなたはいつも考えていた
撮影に向かう車の中でも
遅い昼の食事の時にも
あなたは独りだった
出を待つ楽屋裏で
メーキャップ室の鏡の前で

自身とは違う女を演じても
あなたは知っているだろうか
足の裏の白さに 髪をかき上げる手の指に
自身が息を殺して隠れていることを
それは濃縮され 発光して
舞台に零れ落ち
あなた色に染まっていくことを

見過ぎることを知らず
知り過ぎることに気付かず
あなたはいつも欲していた
裸木の下 凍える風をまとい
化け物のような光源を内蔵して
独りあなたは鬼になっていった
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初午 | トップ | 追加「新」の詩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オリジナル」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。