湘南文芸TAK

逗子でフツーに暮らし詩を書いています。オリジナルの詩と地域と文学についてほぼ毎日アップ。現代詩を書くメンバー募集中。

川面に映る幻影

2015-12-25 00:00:45 | イベント
 MERRY CHRISTMAS!
文化プラザに飾られている日米協会のクリスマスツリー。
その向かいのギャラリーでは現在、井出祥子写真展「TAGOE 水面の幻景」開催中。展示されているのは県展入選作「遊幻」をはじめとした清水橋~渚橋間の田越川の水面映り込み写真ばかり。フォトショップでアレンジした作品たちは、どれも絵画のようで見ごたえがあります。

作者の井出さんによると、ずっと河岸に沿って移動できるし潮の満ち引きによっても表情が変わり、こういう写真を撮るには田越川がとても適しているのだそうです。
 「黄昏」 星のように見えるのは川底の石
サードエイジ講座文学専科のワークショップで「赤い橋の下のぬるい水」を読んでもらった記憶が新しいので、仲町橋が映り込んだ「赤い橋」という作品も、辺見庸の不思議なフィクションの世界に紛れこんだような気持ちで見入ってしまいました。
逗子文化プラザギャラリーで12月27日(日)まで。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言葉の通路 | トップ | 贋の詩パート4 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました (井出祥子)
2015-12-26 21:26:49
先日は、私の写真展にお越しいただきましてありがとうございます。これからも作品作りに頑張っていきますので、応援お願いします。良いお年を!

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事