おちこぼれ日本語教師かりんとうの小部屋

日本語教師12年目のかりんとうが趣味や仕事を適当に語ります。

スウ姉さん

2016年10月14日 22時54分29秒 | BOOK
名作だし名訳だと思いますが…。なんともいえない「毒後感」です。パレアナも底を暗さが流れていましたがこれもそうです。ピアニストになって拍手喝さいを浴びてほしかったです。ピアニストになるべくボストンに行った時はまさかハッピーエンド?かと思ったがやはり…。あの結末は苦いです。タイトル似てるけど、とと姉ちゃんとは違います。あ、あれも一家の長になって家族を支える話か。これもそうだけどきょうだいが面倒すぎる。でもウィキペディアには「作者の皮肉っぽい毒舌とギャグセンスが光る作品。登場人物の自分勝手な振る舞いが大いに笑わせてくれる。」とか書いてあります。私は笑えませんでした。もやもやして今日は眠れそうにありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生と死を支える―ホスピス・ケ... | トップ | 中島みゆき withと空と君の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL