Shunsuke Izumiのofficial blog

頑張って更新します。

感覚

2017-04-25 18:26:04 | 日記
昨日のテナーのレッスンをしている時に思ったこと。


噛みすぎては音は出ないということ。


そんなことはわかっているのだけど、やっぱり再確認として考えたい。


テナーとアルトの感覚は自分の中では別物として考えていました。


共通点は噛まないということ。


自分はマウスピースパッチを貼っているが、その理由は前歯でマウスピースを削りたくないから。


もう一つの理由はどのくらい跡がつくか。


それを考えながら練習していきたが余裕でつかなくなった。


むしろヴィヴラートに余裕ができる。


ソプラノだけはどうしてもその考えが上手くいかない、、、


完璧に噛んで吹かないとできないという固定概念になってしまっているからかもしれない、、、


改善するやり方が浮かんだので、練習して5月4日に試せたら良いなと思います。


楽器での勉強は久しぶりです。


目標としてやっていこう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テナーを持っての移動 | トップ | レパートリー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL