Rhythm Technique Fightingspirits

ユースサッカーを中心としたサッカー観戦記やサッカーに関する個人的な意見の書き込みが中心です。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016年09月19日 22時40分30秒 | 高校サッカー・クラブユース
磐田東Gにて県ユースAリーグを観戦

静学B 7ー0 磐田東

得点
前半14分 4佐野のパスが相手にカットされたところを10青嶋が取り返しそのままドリブルシュート
前半30分 2山田のCKを4佐野が頭で合わせる
前半32分 2山田のCKを9尾崎が頭で合わせる
前半34分 6橋本のパスを受けた10青嶋シュート、GKはじいたこぼれ玉を2山田がつめる
後半9分 10青嶋のクロスを23洪が合わせる
後半20分 20河口がトラップで1人抜きパス、10青嶋がDFとの競り合いに勝ちシュート
後半26分 2山田のCKを?が決める

得点には至らなかった決定機
前半31分 (静)23洪のクロスを2山田がシュート放つが枠外
前半40分 (静)14坂西のクロスを2山田が頭で折り返し10青嶋がシュート放つがDFブロック
後半7分 (静)23洪のパスを受けた10青嶋がGK1対1でシュート放つがGK1小野田がファインセーブ
後半8分 (磐)裏に抜けだした6山本がループシュート放つがクロスバー直撃
後半14分 (磐)10久米がミドルシュート放つがGK17田原がファインセーブ
後半25分 (静)CKのこぼれ玉を2山田?がミドルシュート放つがGK1小野田がファインセーブ
後半32分 (静)22小澤のスルーパスを19堤がシュート、GKはじいたこぼれを10青嶋がつめるが1GK小野田がファインセーブ
後半33分 (静)22小澤がドリブルシュート放つがGKセーブ
後半39分 (静)20河口が1人抜きパス、19堤がシュート放つが枠外
後半43分 (静)22小澤がドリブルで3人抜きシュート放つが枠外


静学Bスタメン
      17田原
  4佐野 9尾崎 7岡野
    21小西 2山田
14坂西   6橋本   5鈴木
    10青嶋 23洪
交代
後半16分 鈴木→22小澤
後半18分 洪→20河口
後半25分 橋本→19堤(堤がFW、河口がトップ下)
後半26分 尾崎→12渡井
後半35分 山田→8横山

磐田東スタメン
      1小野田
5高橋 4藤田 3大石 2窪野
    18横山 8内藤
 17永井       7落合
    9松下 10久米
交代
前半41分 内藤→15松本
後半0分 永井→6山本
後半0分 松下→19佐藤
後半16分 横山→13横岡
後半30分 落合→24松島

感想
静学がボールも試合も支配。多数決定機を作り出し7ー0で大勝した試合だった。
静学Bは過密日程の中、前期はエコパ補助で敗れた相手に見事リベンジを果たした。GK田原のコーチングを中心に強さと高さを見せた最終ラインからボランチがボールをしっかりつなぎ、前線の攻撃を活性化させていた。交代で投入された選手も限られた時間で必死にアピール。選手権のメンバー入りに向けてのアピールおなった試合だった。
磐田東は終始ボールを支配され全くと言って良いくらい自分たちのサッカーが出来なかった。とにかくチームに元気がないのが気になった。それでも後半立ち上がりから15分くらいまではペースをつかみ、交代で入った6山本や10久米が決定機を作ったが決められなかった。


ーーーーーーーーーーーーーーー

IAIスタへ移動しプレミアイーストをはしご観戦

清水Y 2ー1 横浜FMY

得点
前半5分 (横)中盤の細かい繋ぎから9渡辺が裏に抜け出しシュート
前半10分 (清)19平墳のロングシュートがクロスバー直撃、跳ね返りを10望月がつめる
前半11分 (清)23滝のCKを5立田が頭で折り返し8佐野がシュート

得点には至らなかった決定機
前半16分 (横)7阿倍のクロスを9渡辺がシュート放つが25伊藤駿がブロック
前半18分 (横)7阿倍のクロスを9渡辺が頭で合わせるがGKセーブ
前半29分 (清)23滝のパスを受けた11中野がシュート放つがGK31原田がファインセーブ
後半10分 (横)9渡辺が抜け出しシュート放つがGK1水谷ファインセーブ


清水Yスタメン
      1水谷
27吉田 5立田 25伊藤駿3伊藤研
    6梅村 8佐野
 10望月       23滝
    19平墳 11中野
交代
後半17分 佐野→28鈴木(鈴木が2列目、滝がDH)
後半22分 中野→35齋藤(齋藤が2列目、鈴木がFW)
後半29分 平墳→18新関(新関が2列目、齋藤がFW)
後半45分 滝→17宮本
後半45分 望月→14平松


横浜FMYスタメン
      31原田
26松井 3板倉 5坂本 22藤井
    10吉尾 6佐多
 7阿部  17薄葉  25岩城
      9渡辺
交代
後半18分 薄葉→8河原田(河原田がDH、吉尾がトップ下)
後半25分 阿部→42椿
後半35分 佐多→19根本


感想
前半横浜が中盤の素早いパス回しの崩しから先制。その5分後に清水は19平墳の左足キャノンが炸裂。このロングシュートはクロスバーを叩くがそのこぼれを10望月がつめて同点。その直後にも19平墳のボール奪取からのカウンターで得たCKを5立田が高さを活かして折り返し8佐野が決めて清水が逆転。短い時間で清水が立て続けに2得点を奪い一気に逆転に成功した。
清水が試合のペースを握っていたのはこの2得点のシーンくらいで、後は基本ずっと横浜ペース。特に後半は完全に横浜が試合を支配。清水はひたすら横浜の攻撃を凌ぎ1点リードを守りきって勝点3を獲得した試合だった。
清水は組織的な粘り強い守備が目立った試合だった。横浜に圧倒的にボールを支配されながらも素早くボールをつなぐ横浜の攻撃に徐々に対応。後半は押し込まれながらも崩されず決定機はほとんど与えなかった。特に目に付いた活躍をしていたのはGK1水谷。今日の試合は飛び出しの判断とタイミングが絶妙で相手の決定機になりそうなシーンを判断の良い飛び出しで決定機にさせないシーンが複数回あった。また5立田は足に怪我を抱えながらのプレーだったようでかなりきつそうで試合終了のホイッスルと同時にピッチに倒れ込みタンカで退場していた。
横浜はFW、2列目、ボランチが素早くパス交換。人もボールも良く動くサッカーで前半の先制点は清水DFが横浜のボールと人の動きについていけなかった。後半はボールを支配するも清水守備を崩し切ることが出来ず決定機を作れなかった。選手個々のかつやくについては9渡辺。昨年から活躍していたストライカーで今日の試合でも最前線で清水DFを苦しめていた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« J3 第22節@藤枝総合  | トップ | お知らせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

高校サッカー・クラブユース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL