Rhythm Technique Fightingspirits

ユースサッカーを中心としたサッカー観戦記やサッカーに関する個人的な意見の書き込みが中心です。

U-16インターナショナルドリームカップ 日本代表メンバー

2017年06月10日 22時16分13秒 | ユース代表

U-16インターナショナルドリームカップ2017 JAPAN presented by 朝日新聞 U-16日本代表 メンバー・スケジュール

監督:森山 佳郎 モリヤマ ヨシロウ(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:齊藤 俊秀 サイトウ トシヒデ(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:有馬 賢二 アリマ ケンジ(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/ナショナルトレセンコーチ)
GKコーチ:高桑 大二朗 タカクワ ダイジロウ(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)

GK
12 北原 一樹 キタハラ イツキ(京都サンガF.C. U-18)
1 鈴木 彩艶 スズキ ザイオン(浦和レッズジュニアユース)
DF
4 橋本 柊哉 ハシモト シュウヤ(市立船橋高)
3 西尾 隆矢 ニシオ リュウヤ(セレッソ大阪U-18)
2 塚元 大 ツカモト ダイ(ガンバ大阪ユース)
5 井出 敬大 イデ ケイタ(柏レイソルU-18)
14 半田 陸 ハンダ リク(モンテディオ山形ユース)
17 角 昂志郎 スミ コウシロウ(東京武蔵野シティフットボールクラブU-15)
MF
6 谷本 駿介 タニモト シュンスケ(セレッソ大阪U-18)
7 岩本 翔 イワモト ショウ(ガンバ大阪ユース)
9 西堂 久俊 ニシドウ ヒサトシ(市立船橋高)
16 小田 裕太郎 オダ ユウタロウ(ヴィッセル神戸U-18)
8 松本 凪生 マツモト ナギ(セレッソ大阪U-18)
15 馬場 晴也 ババ セイヤ(東京ヴェルディユース)
18 山本 理仁 ヤマモト リヒト(東京ヴェルディユース)
FW
13 藤尾 翔太 フジオ ショウタ(セレッソ大阪U-18)
11 ブラウンノア 賢信 ブラウンノア ケンシン(横浜F・マリノスユース)
10 斉藤 光毅 サイトウ コウキ(横浜FCユース)

選手変更
松本 凪生(マツモト ナギ / MATSUMOTO Nagi)
MF 8 所属:セレッソ大阪U-18 理由:怪我のため

谷内田 哲平(ヤチダ テッペイ / YACHIDA Teppei)
MF 8 所属:帝京長岡高 2001年11月1日生 168cm/63kg

ブウンノア 賢信(ブラウンノア ケンシン / BROWNE Noah Kenshin)
FW 11 所属:横浜F・マリノスユース 理由:怪我のため

栗原 イブラヒムジュニア(クリハラ イブラヒムジュニア / KURIHARA Ibrahim Junior)
FW 11 所属:三菱養和SCユース 2001年8月14日生 188cm/76kg

塚本 大(ツカモト ダイ / TSUKAMOTO Dai)
DF 2 所属:ガンバ大阪ユース 理由:怪我のため

川本 梨誉(カワモト リヨ / KAWAMOTO Riyo)
DF 2 所属:清水エスパルスユース 2001年6月11日生 177cm/69kg

スケジュール
6月11日(日)
PM トレーニング
6月12日(月)
AM
18:00 トレーニング
練習試合 vs U-16宮城県選抜(宮城スタジアム)
6月13日(火)
AM/PM トレーニング
U-16インターナショナルドリームカップ2017 JAPAN presented by 朝日新聞
6月14日(水)
18:00 vs U-16オランダ代表(ユアテックスタジアム仙台)
6月15日(木)
AM トレーニング
6月16日(金)
18:00 vs U-16アメリカ代表(ユアテックスタジアム仙台)
6月17日(土)
AM トレーニング
6月18日(日)
14:30 vs U-16ギニア代表(ユアテックスタジアム仙台)

U-16日本代表 今後の予定
11/中旬~
海外遠征(UAEを予定)


感想
高校1年生と早生まれの高校2年生が中心となる世代のチーム。
昨年は鳥取で開催されたインターナショナルドリームカップが今年は仙台で開催される。
昨年もU-16代表が参加し、U-17W杯出場権をかけたアジア最終予選に向けた良い強化試合となった大会。昨年のU-16マリ代表の強さに度肝抜かれたファンも多かったのではないか。
今年はU-17チームが参加する大会として開催するのかと前年同様にU-16の世代の大会として開催するようだ。
つまり、今年のU-16代表チームというのは、目指す大会が2021年のU-20W杯という事になり、まだ大分先を見据えたチームで、手元の資料では2021年U-20W杯を目指すチームというのは今大会がチーム立ち上げという事になる。因みに久保建英が飛び級で無く本来所属する年代のチームという事になるいわゆる「久保世代」のチーム。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« U-18代表候補 ポルトガル遠... | トップ | 県ユースAリーグ2017 @科学... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ユース代表」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL