Rhythm Technique Fightingspirits

ユースサッカーを中心としたサッカー観戦記やサッカーに関する個人的な意見の書き込みが中心です。

総体県予選2017 2回戦@富士市立G 

2017年05月20日 18時40分37秒 | 高校サッカー・クラブユース
富士市立Gにて総体県大会2回戦を観戦

桜が丘 2ー1 富士市立 ※後半30分まで観戦

得点
前半13分 (富)11平下のシュータリングがそのままゴールイン
後半30分 (桜)CKを19森が頭で合わせる
後半?分 (桜)PK ※詳細未確認

得点には至らなかった決定機
前半16分 (富)9奈倉のクロスをGKがはじき、こぼれ玉を19和泉がつめるが枠外
前半31分 (桜)8白井のFKが枠外
前半35分 (富)24勝亦のドリブル突破からのクロスを9奈倉が合わせるが枠外
前半36分 (富)24勝亦のスルーパスに抜け出した19和泉がシュート放つがGK1眞杉がファインセーブ
後半6分 (桜)8白井のドリブルシュートをGK1中渡瀬がファインセーブ
後半8分 (桜)8白井が7築地とのワンツーで抜け出しシュート放つがポスト直撃
後半15分 (桜)後方からのフィードに24平野が抜けだしシュート放つあGK1中渡瀬がファインセーブ
後半16分 (桜)8白井のクロスを24平野が頭で合わせるがポスト直撃


桜が丘スタメン
      1眞杉
5山田 3勝村 19森  2味岡
    7築地 18川口
 11松下  8白井  15鈴木
      9大屋
交代
後半0分 大屋→24平野
後半10分 築地→22古長屋
後半28分 鈴木→12徳久


富士市立スタメン
      1中渡瀬
2上妻 3待木 4船木 5小澤
    7鈴木 24勝亦
 10小野  11平下  19和泉
      9奈倉
交代
後半10分 奈倉→25新藤
後半13分 勝亦→6藤島(藤島が右SB、上妻がDH)
後半19分 和泉→8松澤


感想
前半は富士地立が試合を優位に進め1ー0の富士市立リードで前半を折り返すも、後半は桜が丘が巻き返し終了間際の2得点で桜が丘が苦しみながらも勝利した。
前半は完全な富士市立ペースだった。富士市立が持ち前の足下の技術で桜が丘を揺さぶりボールを支配、前半は桜が丘にほぼ攻撃の形を作らせなかった。
後半になると富士市立がややペースダウンし、桜が丘が巻き返しをはかったことで形勢が逆転。富士市立は中盤でボールを落ち着かせる事が出来なくなり圧倒的な桜が丘ペースの試合となった。桜が丘は後半8白井を中心に攻め込み何度も決定機を作るがなかなか決めきれない時間が続いたが、後半30分にCKを決めて同点。その後は勝ち越し点を奪い桜が丘が勝利した。
富士市立は前半は見事なサッカーを魅せたが、後半桜が丘の圧力に屈してしまった。それでも11平下の足下の技術の高さや19和泉のドリブル、10小野のボールを前に運ぶ推進力はかなり見応えがあった。そしてこの試合最大の発見が1年生の24勝亦の活躍。1年生ながら正確な足下の技術で桜が丘のプレッシャーを難なくかわし富士市立の前半のポゼッションサッカーの核となっていた。後半に腰を痛めての途中交代が悔やまれた。
桜が丘は前半は富士市立に完全に抑え込まれたが、後半24平野を投入しハイプレスでボールを奪い24平野の推進力を活かすショートカウンターで圧力をかけたことが運動量の減った富士市立相手にうまくハマっり最後は自力の差を見せることが出来た。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サッカーを見る側から言わせ... | トップ | 総体県予選2017 3回戦@藤枝東G »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL