Rhythm Technique Fightingspirits

ユースサッカーを中心としたサッカー観戦記やサッカーに関する個人的な意見の書き込みが中心です。

選手権1回戦

2016年12月31日 17時05分59秒 | 高校サッカー・クラブユース
選手権1回戦をTVで観戦

藤枝明誠 1-2 東海大仰星

感想
仰星が持ち味をだし、明誠が持ち味を出せなかった試合だった。
仰星は持ち味のロングボール、ロングスロー、ハイプレスで藤枝明誠の攻撃を封じこんでいた。
仰星から明誠中盤のパスの出しどころへのハイプレスを受けて明誠は自慢のFW陣になかなか良い形でボールが入らない時間帯が続いた。
なかなか自分たちの形が作れない明誠は、全国大会初戦という独特の緊張感も合わさり徐々に焦り浮足立ち歯車が狂っていき、自分たちのペースを試合で出すことが出来なかった。
現在日本でも指折りにレベルの高い大阪府予選で近代付、阪南大高というプリンス関西の上位校をやぶって全国に駒を進めてきた東海大仰星だが、今日の試合は仰星の強豪校やぶりの術を見事に見せられた試合だったように思う。
「明誠の強力FWをどう防ぐのか?」ではなく「いかにFWに良い形でボールを持たせないか?」に戦術の重点を置いて明誠対策を組んできた。
元々、今年の明誠はFWは強力だが、中盤からの組み立てに課題を抱えていて、それもあっての10丹羽のボランチ起用というチーム作りの流れがあった。そのあたりの明誠のチームが抱える課題の部分をうまく突いていたと思う。
青森山田や仰星のような「高さ」「強さ」に特化した強豪チームは現在日本には少なくなっており、対戦するチームとしては「戦い慣れない相手との試合」となる。そうなると今日の明誠のように、普段試合をする相手と戦い方が異なるので、なかなか自分たちのペースをつかめないという事が多くなる。
青森山田が日本一になった事や、仰星が大阪府予選で優勝候補を破って優勝したあたりに、日本サッカー界のユース年代のチームのポゼッション化が進んだことにより、その副作用で「異なる戦い方をする相手チームへの対応力の低下」が出てきていると感じさせられた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清水JY 高円宮杯U-15優勝 ... | トップ | 静学2016 振り返り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

高校サッカー・クラブユース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL