いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

ガールズグループはひと組?

2017-07-12 19:38:40 | Highlight

ハイライト-EXID、テロ傷ついた英国慰めた。「私たちは一つの家族 "

「2017 Feel Korea in London」が去る7日と8日(現地時間)にロンドンの大コンベンションホールオリンピアロンドンなどで行われた。

ハイライト(Highlight)、EXID、大きな(KNK)、スヌポ(SNUPER)など超豪華K-POPアーティストの参加中に英国ロンドンで大長征の幕を下ろした。

この日の公演には、ロンドンだけでなく、スコットランド、オランダ、イタリアなどヨーロッパ全域から集まったファンたちが朝から会場入り口で長い行列を遂げた。

本公演でのハイライト(Highlight)、EXID、大きな(KNK)、スヌポ(SNUPER)など、この日の舞台に上がったグローバルK-popの主役たちが映像とともに紹介されると、6千人余りのファンたちは、各自の手に入った」フィルコリア」応援負債を激しく振って、各チームの名前を連呼した。

アーティストたちは、それぞれのヒット曲を披露し、観客を捕えて、イギリスのファンは、あらかじめ練習した韓国語で歌を歌って情熱的に呼応した。また、各チーム別に様々な意味を込めたスペシャルステージを披露し、現地ファンの心に深い響きを残すこともした。

最近相次ぐテロで困難な時期を経験したイギリス人を慰めるためにEXIDのヘリンは「You Raise Me Up」を歌った一部のファンは涙を盗んだ。

大きな英国の人気曲「Thinking out loud」を熱唱しようファンはうれしい顔に大きな拍手を送った。スヌポは会場を訪れたし、ファンを舞台上に招いて甘いセレナーデを歌ってくれて、忘れられない思い出をプレゼントした。

EXIDは「上下」ダンスで何千ものファンを一つ結んだ。

続いて、この日の最後の舞台は、2011年に以来6年ぶりに新しい名前で英国を再発見したグループのハイライトが飾った。顔ひそめないで」「Calling you」など派手な新曲だけでなく、「美しい夜だ」などと最後の時間を思い出できる曲を選曲して、現地ファンの共感を導いた。これイギリスのファンは「いつも君と一緒に歩くだろう」とハングルで書かれたプラカードをご用意しますように振って変わらない支持を表現した。

ファンのアンコール連呼と一緒に舞台にあなたのチームが再び登場すると、場内の雰囲気は絶頂を成し遂げた。大型風船と花粉、華やかな輝きが調和され、各アーティストのヒット曲がメドレーで鳴らし広がり、ファンと歌手たちはお互いに向かって大きく手を振って別れの挨拶を終えた。

本公演前日の7日には、地元のファンと社会的少数者と韓流アーティストが国境を越えて心に疎通することができる様々なイベントが行われた。

ロンドンの障害児支援施設を探して、所定の寄付を渡したEXIDは、施設内の子どもたちと一緒に直接絵を描いてTシャツを作成し遊びの空間で遊び回っ明るい笑いをプレゼントする時間を持った。この日EXIDメンバーハニーは自分のSNSに「本当に良い思い出をプレゼントしてくれてありがとう:)」という感想と一緒に施設で撮影した写真を掲載したりした。

「スヌポ」はイギリスのファンを対象に無料のダンス教室を開いた。ダンス教室に参加したファンは、受付開始2時間で早期閉鎖されるほど高い競争を経て選ばれた。これらスヌーカーファー準備びっくりイベントで、CDに直接サインを受け、喜びを隠せなかった。


イギリスは、テロがありましたね。イギリスのファンの方たち、ヨーロッパ各國から観に来た方たちがK-POPで癒されてもらえたら嬉しいです。

Hightlightは、トリだったんですね。

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« やはり・・・ | トップ | とうとう・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL