いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

参加しない方が良かったんじゃない?

2017-05-18 21:12:42 | K-POP

アップデートワイスの不振、民心がパク・チニョンに送る「シグナル」

「「生きているのね」は、私が20年間したものストラットように作成されたノレンデ、人々は「一度は面白いな継続を理由がない」と言っていた。政治家は票民心を数えないか。私たちも音源成績で民心をヘアリョヤているようだ。民心を謙虚に受け入れるだろう。」

パク・チニョンは昨年5月、MBC「ラジオスター」に出演して新曲「生きてる」が前作「お母さんが誰なの」よりも音源チャート成績が振るわない原因をこのように分析した。最近歌謡界では、音源のランキングだけで成功するかどうかを計るにくいが、音源チャートは、少なくとも音楽を聴く、これらの民心を示す指標という意味も込めた。

JYPエンターテイメント所属グループであるアップデートワイスはパク・チニョンが「ラジオスター」に出演してから1年後に四枚目のミニアルバム「シグナル」を発表し、パク・チニョンが作曲した曲をタイトル曲に打ち出した。しかし、デビュー後の音源チャート1位を受けていたアップデートワイスの勢いは消えてしまい、5位の中でぐるぐる回っている。

アップデートワイスファンは「シグナル」が発表された後、パク・チニョンのSNS(ソーシャル関係網サービス)に不満を吐き出した。アップデートワイスの新曲が期待に及ばないというコメントが続いた。パク・チニョンはサバイバル番組「シックスティーン」でアップデートワイス誕生助産師の役割をしたが、今はファンにアップデートワイスの成長を防ぎ、という非難を受けることになったのだ。

パク・チニョンはJYP所属歌手たちのアルバムとは異なり、アップデートワイス音楽でかなりの部分戻っていた。アップデートワイスは、これまでの作曲家グループブラックアイド必勝が作業した「優雅に」「チアアップ」TT」と李禹ミンが参加した「ゆったり」と4連続ヒットを記録した。パク・チニョンはアップデートワイスの5番目のタイトル曲を引き受けたが、性的やファンたちの呼応などアップデートワイスが以前にリリースしたタイトル曲よりも波及力が大きく低下しているのは事実である。

「シグナル」は、どっしりとしたベース音が流れる中、「サインを送ってシグナル送信」というリフレーンが繰り返される。重量感のあるサウンドに軽くない構成は、「アップデートワイスの変身」と評価法が、ファンはアップデートワイスがしてきた音楽とはなじみないように感じました。メンバーが担当するパートや分配にも不満音が出ている。価値の高い「パク・チニョン」というブランドに比べて結果は、そのレベルに沿って来なかったということだ。

同様の事例は、1月にもあった。樹脂のソロアルバム「イエス?ノー?の先行公開曲でありアルマジロが作曲した「幸せなふり」は良い反応を得て音源チャート1位に上がったのに対し、パク・チニョンが作ったタイトル曲「イエスノーメイビー」は、比較的注目されなかった。パク・チニョンは、意図せず樹脂に続いてアップデートワイスタイトル曲でファンの心を推し量るために物足りなさを残した。

パク・チニョンは「シグナル」の音楽に加えて振り付けもアップデートワイスを一定部分助けた。アップデートワイスは「シグナル」のショーケースで "アップデートワイスが可愛いイメージを持っているが、「シグナル」を介してエネルギーあふれる姿を見せたい。パク・チニョンPD様と最初に作業しただけ振り付けにも関心を持っていただきたい。パク・チニョンPD様この直接振付を見てもした」と明らかにした。

方向性がわからない」シグナル」の音源と同じくらい振り付けも大きな変化は検出されなかった。アップデートワイスはショーケースを通じて「パワフルな振付」を強調したが、「ビリビリ」「ハート」「なぜ」などで名付けられたポイントの振り付けは、他のグループと比較して、川、またはセン動作はなかった。むしろ誰でも簡単に基づいて行うことができるアップデートワイスの「律動と振付 'の間の動作をそのまま再現したように見えた。

だからといって、すべての矢をパク・チニョンだけ回すことはできない。アップデートワイスに先立って 'ワールドスター'サイが正規8集を発表しており、アイドルからミュージシャンに生まれ変わった子供ユナ最近になって強気を見せるインディ新出身の革新オーガ活動を再開した。ここで歌手水卵と姉書きのびっくり宣伝が加わり歌手が音源チャートで角逐を繰り広げてアップデートワイスが隙間を入り込む容易ではなかった。

スペシャルアルバムを含めて、デビュー後1年6ヶ月ぶりに韓国で5枚のアルバムを吐き出したアップデートワイスの管理のための問題もあった。9人の少女を集めたアップデートワイスは、これまで、さまざまな魅力を持ったメンバーたちの力でトップを占めた。しかし、空白期がないようするほどよく新曲を発表して一人一人の魅力だけでドラッグ行くには力に付す瞬間が訪れたのだ。

トワイスはまだ愛されるグループというのは否定できない。ファンからクレームが高い「シグナル」が発売直後音源チャート1位に上がったのは、これに対する傍証だ。しかし、昨年の各種歌謡授賞式で大賞をさらって、ガールズグループ最多アルバム販売量を更新し、ガールズグループ、YouTube再生回数最高記録を立てたアップデートワイスが現在1位から押し出さ上位のみ留まるにはパク・チニョンが作曲した「シグナル」が惜しいだけだ。

JYP所属歌手たちのアルバム発表を控えて、内部投票を通じてタイトル曲を選定すると伝えられた。1990年代から休むことなくヒット曲を書いてきたパク・チニョンといっても、彼のすべての曲が敏感に変わる流行と常に足合わせたり、これをリードすることはできない。それでも「シグナル」の相対的な不振はパク・チニョンが再び民心を振り返って見なければなら時期が来たという信号を送っている。

 

私も聴きましたが・・・えっ!!ってなりました。

しかも聞く所によると、日本人メンバーの発音が・・・って言われているみたいです。

 

社長のインスタのコメントもすごいみたいですしね。

 

もう・・・手を出さないほうがいいかもしれませんね。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2曲目? | トップ | アルバムプレビュー&いろいろ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL