いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

カムバ記事^^とMV公開とVLIVE

2017-10-16 20:04:21 | Highlight

いっぱい記事が上がっています。

「賽は投げられた」ハイライトが記念する8周年(総合)

ハイライトがカムバックした。

ハイライト2枚目のミニアルバム「CELEBRATE」発売記念ショーケースが10月16日午後、ソウル龍山区ブルースクエアサムソンカードホールで行われた。

今回のアルバムは、ハイライトの2番目のミニアルバムであり、デビュー8周年を記念するアルバムである。2009年10月16日にデビューしたハイライトは、この日のデビュー8周年を迎えた。

メンバーでありプロデューサーヨン・ジュンヒョンは、「ハイライトで2番目出すミニアルバムだ。最初にデビューしてから8年目になって、それをみんなで祝う意味でアルバムを準備することになった。全6曲で構成されている」と収録曲を紹介した。彼は、「曲が重なる色せずに様々なジャンルを込めたと考えている。一曲一曲だ歌詞から編曲、サウンドまで多くの神経を使ってお祝いする意味に合わせて多くの気にして準備したアルバムである。多くの方々が聴いていただきたいと思う」と話した。

タイトル曲「仕方ないまあ」はヨン・ジュンヒョンと作曲家ギムテジュで構成されたプロデュースチームグッドライフの曲。強烈なバンドサウンドとシンセサウンドが印象的なロックベースのダンス曲だ。「顔ひそめないで」に続きもう一度日常に疲れた人々にハイライトが送信さ二励ましのメッセージを含んでいる。

ヨン・ジュンヒョンは、「タイトル曲「仕方ないまあ」は、肯定的な意味の仕方ない何だし。曲を聴いて見れば分かる多くの方が難しい状況にも陥っていないで外で克服し、さらには良いエネルギーを込めた曲だ」と紹介した。

ヤン・ヨソプはミュージックビデオの「場所移動も多く、天気が暑くて大変食べメンバーらと製作陣と風変わりな姿のミュージックビデオを作ってみようとの意見を集めた。体は大変だったが撮りながら面白いのミュージックビデオが出てきたようだ。たくさん愛してたら良いだろう」と話した。

新しい振付師を選択して、レッスンまで受けた。イ・ギグァンは「新たに振付師の先生をコンタクトしてみた。SNSで偶然なく、神の振り付け映像を見てバイブとチュムソン、感じが今回のタイトル曲の感じとよく似合うだろうと思ってコンタクトした。先生が直接韓国に訪問して4泊5日程度に練習しながら楽しく新しいダンスを学ぶことができる機会を得た。構成され、よく似合う振付師出た。舞台を見て、味もあるようだ」と自信を見せた。

デビュー8周年のユン・ドゥジュンは「8年という時間が早く過ぎていった。ファンの方々とのハイライトのメンバーたちと一緒に苦労してくれたスタッフらは、同社の方々の思い出が溶けているようだ。一緒にいただき、感謝します。笑顔の日だけこれからもっとピョルチョジギル眺めながら、今回のアルバムの多くの愛お願いする "と述べた。

特にユン・ドゥジュンは、新しいアルバムの成績について「成績は意識されて重要であると考えている。評価する指標と意識をアンハルできず、良い成績になるように望むのは、私たちや会社の方々やファンの方々も同じ気持ちイルゴダ。しかし、すでにサイコロは投げた。今、そこにこだわるよりも、活動期間中に笑いながら楽しくファンと良い思い出作るの最大の目標だと思う」と語った。

 

[総合]ハイライトカムバックを知らせるキーワード5#8周年#チームワーク#オジュンチュン#会社設立#ビツビ

画像

グループのハイライトが帰ってきた。すでにデビュー8周年である。8周年記念アルバムでカムバックしたハイライトは一層より豊かになった。自分たちがやりたい音楽に対する信念もしっかりしている。 

ハイライトは、16日午後6時、ソウル漢南洞ブルースクエアでデビュー8周年であり、第二のミニアルバム「CELEBRATE」ショーケースを開いた。

ユン・ドゥジュンは「今年出てくるアルバムはすべて意味が格別だ。震えて緊張されている心も大きいが、私たちのアルバムが聞く方に活力になったら良いだろう "と話した。

ヨン・ジュンヒョンは、「いつもながら最善を尽くしたハード作った。多くの方々が上受けることができる音楽を作ろうと努力した。タイトル曲だけでなく、アルバム全体をよく聞いてくれ」と頼んしヤン・ヨソプは「今後のハイライト、音楽とハイライトの活動たくさん応援してくれ」と伝えた。

イ・ギグァンは「ソロアルバム活動を終えてのハイライトとして活動することになった。ソロアルバムより良いアルバムだと思う。多くの方々が愛してくれたら良いだろう」と微笑んだ。ソン・ドンウンは「8周年を記念してもいいアルバムが出てきたようだ。デビューしたとき、高校生だった私はもう20代後半になった。今までに物惜しみしない応援送信くれて感謝する」とあいさつした。


画像

タイトル曲「仕方ないまあ」は、明るいエネルギーがいっぱい曲だ。ヨン・ジュンヒョンは「ビースト活動当時は重く暗くてじめじめし感じが強かった。もともと私たちは、エネルギーがあふれる友人だそんな魅力を釘見せたことに対する物足りなさがあった笑顔を見せてあげたかった」と語った。

ユン・ドゥジュンは「今年出てくるアルバムはすべて意味が格別だ。震えて緊張されている心も大きいが、私たちのアルバムを聴く方に活力になったら良いだろう。8年という時間が早く過ぎていった。これまで一緒にしてくれてありがとう」と伝えた。

ハイライトは、同じ会社に所属だったビツビと同時にカムバックして活動することになった。これに対してユン・ドゥジュンは「大切親しい弟たちで同じ日一刻に一緒に活動することができているということは、大きな幸せであるようだ。応援を送ってくれた弟がありがたい。ようファイティングながら良い活動して欲しい」と微笑んだ。

音源成績の考えも率直に打ち明けた。ユン・ドゥジュンは「成績は評価の指標であるため、意識をしないしようとしてもないことができない。良い成績を望むのは、私たちのファンも同じ気持ちだ。それでも音源は公開されたし、サイコロは投げなったので、ファンと良い思い出を作るのが一番大きな目標だ」と述べた。

画像

最も記憶に残ることはメンバーが一緒に会社を作ったことである。ソン・ドンウンは「メンバーたちが一緒に会社を作ったのが最も記憶に残る」と回想した。

デビュー以来、実に8年を一緒にした。チームワークの非?も気になる。ハイライトは、「メンバー同士の会話をたくさん交わすものだ。また、メンバーというより高校時代の友人のように過ごすことが原動力になるようだ」と秘訣を表わした。

タイトル曲「仕方ないまあ」は、ロックをベースにしたダンス曲で強烈なバンドサウンドとシンセサウンドが興をそそる。ヨン・ジュンヒョンのチームグッドライフがプロデュースした。青春を応援して上にメッセージを込めた。

この日の午後6時に新しいアルバムを公開したハイライトは「仕方ないまあ」で活発な活動を広げる。

 

ドゥジュン君、1人だけかしこまった感じの装いですね。

ミュージックビデオです。

私が好きだと言った「TAKE ON ME」です。

 

昨日のVLIVEです。BAD GIRL唄ってる。デビュー曲・・・

日本語訳出てるかな?


もう、シューケース始まってるかな?

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 8周年おめでとうございます。... | トップ | メロンスペシャルページ?と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Highlight」カテゴリの最新記事