いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

難しい(; ̄ω ̄)ゞ

2017-05-19 20:56:10 | Highlight

イ・ギグァン「感情演技にくく、キム・ガンウアドバイスに大きな助け "

tvN初SF追加積極的に「サークル:続い二つの世界」イ・ギグァンが「マンチト「ビジュアルの中両極端反転魅力で視線をひきつける。

来る22日初放送を控えているtvNの新しい月火ドラマ「サークル:続い二つの世界」側19日イ・ギグァンの克明な温度差が感じられる現場スチールカットを公開し気がかりなことを高めている。

「サークル」は、2017年と2037年の二回の大韓民国を背景にしたSF追加積極的に。2017年未知の存在のために行われた謎の殺人事件を追う「パート1:ベータプロジェクト」と感情が制御された2037年の未来社会」パート2:すばらしい新世界」を背景に二人の男が謎の事件を追跡していく過程を描く。現在と未来を行き来するタイムスリップではなく、違うながらもつながっている二つの時代の話がし会に広がる「ダブルトラック」の形式の新しいドラマ。

イ・ギグァンは2037年を背景に繰り広げられる「パート2:すばらしい新世界」に出演してキム・ガンウと劇を導いていく見込みである。イ・ギグァンが演じるイホスは、スマート地球視聴セキュリティと公務員に、極端な感情の制御を介して犯罪を予防する「安定ケアシステム」を無限信頼する人物である。一寸の乱れのない整頓された身だしなみ、アルファ高級規則的な生活と常識を強調する合理的な思考は、まるで、Androidという錯覚を起こすほど。イホスの担当エリアでスマート地球の最初の殺人事件が発生し、荒廃した一般的な地球から来た刑事イ・ジュニョク(キム・ガンウ)としたチームになって事件を捜査してスマート地球隠された真実に近づいていくことになる。

基本的な設定のほか、多くの部分がベールに包まれているイホスキャラクターとイ・ギグァンの演技に対する気がかりなことが高まっている中、公開された写真は、期待を高めるのに十分である。自己発光優れビジュアルのイ・ギグァンは穏やかで温かい笑顔で一貫して花美貌を輝かせているが、一緒に公開された他の写真で涼しく強烈な目つきで反転魅力を発散する。心臓が涼しくなるほど鋭い表情は秘密らしくミステリーな雰囲気をかもし出す。安定ケアシステムで感情の起伏が大きくないイホス。彼の克明な温度差が感じられる雰囲気が好奇心を増幅させる。

イホスは劇を導いていく中心キャラクター4人の中で唯一「安定ケアチップ」を使用して、感情の制御を受ける人物である。「安定ケアチップ」は、感情の極端に駆け上がったら、適切な制御によって安定性を維持するようにケアするシステム。今までのドラマの中の人物とは接続が異なるため、表現法にも違いがある。節制された表現の中の感情の変化を表わさなければならない難しい人物であること。両極端の感情を自在に表現すべきイ・ギグァンの演技にも注目される。

イ・ギグァンもこれに対する難しさを吐露した。イ・ギグァンは「私果たしてうまくできるか疑問がたくさん聞いて、難しいと考えをたくさんした。感情の高低が大きい場面が多い表現は切除しなければならて悩みが多かった」とし「楽するようキムガンウ兄のアドバイスや監督のディレクティングを頼りながら、リラックスして演技しようと努力している」と伝えた。

イ・ギグァンの努力のために、現場の評価は後だ。最も多くの時間呼吸を合わせているキム・ガンウは「イホスが痛みもあり、感情表現が自由でなくては容易ではないキャラクターなのに本当によくしてくれている。常に努力する俳優」と絶賛した。

ミンジンギ監督は「イホスは、スマート地球の特性をよく示して感情が排除された一種のヒューマノイドのようなキャラクターだ。だから存在しない人物を表現しなければならない難しさがある。ディテールな演技が必要なイホスをイ・ギグァン俳優特有の雰囲気と節制された演技のトーンで完全に消化している。イ・ギグァンが演じるイホスを介して遠くない未来社会の断面を発見する楽しみがある」と格別な愛情を表わした。

一方、「サークル:続い二つの世界」は、初放送を控えて視聴者たちが主演俳優たちと一緒に1回を先に鑑賞することができる、事前試写会を設けた。事前試写会は、19日午後7時に劇場で行われ「サークル」を率いていくキム・ガンウ、ヨ・ジング、ボールスンヨンなど主演俳優たちが参加し、ファンと一緒に意味深い時間を過ごす予定だ。この日の試写会現場の姿は、今後、オンラインを介して公開される。

「サークル」初放送は来る22日午後11時放送される。

 

監督さんが、ギグァンくんの役が一番難しいと言っていました。

感情移入・・・表情で演技するって大変ですよね。

 

この作品で、評価が高ければ・・・引っ張りだこになっちゃうかな?

歌と演技・・・いいバランスでやっていければいいですね。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« アルバムプレビュー&いろいろ | トップ | 歌の対決? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL