いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

やはり・・・

2017-07-11 19:48:33 | K-POP

アップデートワイス、日本でも通した理由

アップデートワイス/写真提供= JYPエンターテイメント

ガールグループアップデートワイスが日本で熱い人気だ。先月28日に発表した日本デビューアルバムは、一週間に出荷基準で21万枚を超えた。シングルではなく、アルバムに20万枚の販売量を上げたのは、現地でも異例場合だ。さらに、海外の歌手が成し遂げた成果なのでより一層注目されている。

「アップデートワイスブーム」と呼ばれるほど、日本での人気は日増しに強まっている。2015年の「優雅な(OOH-AHHに)」でデビューして、国内でも活発に活動している彼らが、日本でも通じた理由は何だろうか。地元のファンは「日本人のメンバーがいるから」と言う。

写真提供= JYPエンターテイメント

◆オリコン週間チャート2位... 日本の象徴、東京タワーも受付

アップデートワイスの日本アルバムは去る5日午後公開されたオリコン週間アルバムチャート(6月26日〜7月2日)で13万594枚で2位を占めた。国内にもファンを保有しているグループ関ジャニエイト(関ジャニ∞)の後を追った。昨年から現在までの日本で発売されたK-POP(K-POP)アーティストのアルバムの中で発売初週最多販売量記録も立てた。

日本の象徴の一つである東京タワーとのコラボレーションも行った。先月29日、東京タワーにはアップデートワイスの曲「ティティ(TT)」が刻まれた。二日間、午後7時から深夜まで、東京タワー大展望台に点灯された「TT」は、多くの人々の視線を集めた。JYPエンターテイメントは「トワイスの日本デビューを記念するためにアップデートワイスと東京タワーが一緒にしようという意味でコラボレーションが実現した」と説明した。

先月30日には、日本の代表音楽プログラムのTV朝日「ミュージックステーション」にも出演した。「ミュージックステーション」は、日本を代表する歌手たちと海外有名ポップスターたちが出演するプログラムで、国内新人アーティストの出演は珍しかった。今までBoA、東方神起、KARA、ビッグバンなどの国内歌手らが出演した。ガールグループには、2012年6月少女時代以来初めてだ。

アップデートワイス日本のMステĸó_(2)

日本の音楽番組「ミュージックステーション」に出演したアップデートワイス/

◆「日本人がいる」... 人気原動力

現地メディアもアップデートワイス突風を集中照明している。TV朝日、TBS、フジTV、ニホンTVなど各種放送局をはじめ、日刊スポーツ、スポーツ報知、サンケイスポーツ、デイリースポーツなど日本の主要メディアは、連日アップデートワイスの歩みを伝えている。

日本人メンバーがセットや含まれている点が功を奏した。アップデートワイスメンバー9人のうちもも、サナ、ミナなど三人が日本人だ。チュウィは台湾出身である。日本放送は、これら「多国籍グループ」で紹介したし、日本人のメンバーは積極的にインタビューを導い日本のガールグループの雰囲気を形成した。

このような点は、アップデートワイスの人気の秘訣を尋ねる放送局の市民のインタビューでも確認される。男性は「日本人が持って興味を持つようになった」と話した。した女性ファンは「日本人だから、より応援したい」とし「日本語が可能なメンバーが多いから韓国グループが、至近距離で行われるイベントをしてくれるなら楽しそう」とした。

まさにこのような点がアップデートワイスが日本人に違和感なく近づくことができた理由だ。日本の国民MCと呼ばれる「ミュージックステーション」司会者タモリもアップデートワイスが出演した際もも、ミナに韓国のガールグループでデビューした背景を問うなど、日本人のメンバーに関心を集中した。

アップデートワイスはBoA、東方神起、KARA、ビッグバンに続き、やや停滞した日本国内のKポップブームの火種を再びつけた。日本に進出した他の歌手たちとは異なり、日本人メンバーが人気を牽引しているという点で、アップデートワイスの今後の歩みに関心が集まっている。

 

アップデートワイス、日が正常定着。「嫌韓流」存続の秘訣二つ

ガールグループアップデートワイスの人気が日本で尋常でない。

アップデートワイスは先月28日、日本デビューベストアルバム「#アップデートワイス(#TWICE)」を発表、8日あたりオリコンデイリーアルバムチャート2位に上がった。発売時期が2週間移る時点でも上位を占めていること。

アップデートワイスは2日、東京体育館でデビューショーケースである「アップデートワイスデビューショーケースのタッチダウン・イン・ジャパン」を開いた。アリーナ会場で2回開催した。これはデビューショーケースには、異例の行より。

この日1万5000人のファンが殺到し、「Kポップ代表ガールグループ」のデビューを歓迎した。日本の5大地上波のNHK、日本TV、TV朝日、TBS、フジTVなどをマガジン・広告関係者なども会場を探して熱い取材熱気を見せた。日刊スポーツは「日本のファンの前に初登場したアップデートワイスがショーケースで1万5000ヨペンを魅了した。親指と人差し指でT子の作成」TTポーズ」は、日本でも若い女性たちを中心に流行した」と明らかにした。

成功的なデビューショーケースと過去1日付のオリコンデイリーアルバムチャートでは1万4608枚の販売高でトップを占めた。発売後五日ぶりに「逆走」の神話を使いながら1位に上がった。

アップデートワイスは少女時代の記録を高速で追っている。少女時代が2010年9月に発表した初のシングル「ジニー」は当日オリコン日刊シングルチャート5位に上がった。順位だけおいてみたときアップデートワイスのデビュー作が、より高い数値だ。少女時代は日本デビュー後1年後に発表した初の正規アルバムは23万2000枚を販売して海外歌手最多販売記録を立てた。トワイスは7日現在のアルバム21万枚を記録している。

ここまで来れば、国内の人気をそのまま日本に移した形だ。かつてKポップグループは「韓流ブーム」に乗って先を争って日本に進出した。しかし、「嫌韓流」で瞬時に水の泡になった。日本で成功したグループは、少女時代とKARA以外は皆無である。

アップデートワイスは国内でトップを撮ろう、日本進出は自然続いた。歌謡界関係者たちはアップデートワイスの早目に日本進出の成功を予見、少女時代・カラーと異なるケースに分析した。

アップデートワイスは少女時代とカラとは異なり、日本人メンバー(サナ・もも・ミナ)三人を保有している。これらの存在は、地元のファンにもっと身近に近付くことができるプラス要因である。嫌韓勢力の攻撃を避けることができる点でもある。ある歌謡界関係者は "三人のメンバーの日本国内の活躍が期待を集めている。アップデートワイスの「果汁米」も日本で通じることができるイメージだ。かわいいイメージと愛嬌たっぷりの姿は、日本人が好むに値する要素であるのに十分である」と明らかにした。

アップデートワイスの「TTポーズ」流行も日本に成功進出に一役した。AKB48と乃木坂46のような日本国内最高の人気を享受しているガールグループのメンバーたちが「TTポーズ」をして写真を撮った。日本の人気モデルサラは、放送中の日本のお笑いコンビオリエンタルラジオのメンバー藤森申告に「TTポーズ」を紹介し、一緒に基づいてした。また、先月29日に東京タワーに「TT」というフレーズが点灯された。東京タワーやアーティストのコラボレーションにより文字が点灯されるのは初めてだった。

アップデートワイスはオリコン上を占めたことについて喜びを隠せなかった。メンバージヒョは所属事務所を通じて日刊スポーツに「アップデートワイスに日本人メンバーが三人いて、日本でもデビューをしたかった。その夢が行われたが、1位のニュースまで接するかっとならない」とし「私たちのために苦労したすべての方々には本当に感謝しの言葉を伝えたい」と喜んでいた。

アップデートワイスの日本レコード流通を担当しているワーナーミュージック・ジャパンの関係者は「2月から長期的な日本デビュープロモーションとして期待を集めてきたし、その期待が性的につながっている」とし「先月28日公開されたデビューベストアルバム「#TWICE 」は、発売とともにiTunesのアルバムチャート9カ国1位、5日間で11万枚突破、オリコンデイリーアルバムチャート1位という成果を収めた。アップデートワイスが唯一無二の存在で大衆の愛を受けていることがこのような人気を集めのキーポイント」と分析した。

 

 
日本人メンバー3人もいれば日本活動はしやすいでしょうね。
 
私・・・日本人メンバー・・・3人・・・分かりません。・・・・
 
みんな同じ子に見えてしまいます。どのガールズグループの子も同じです。
 
たまーに・・・〇〇〇嬢に見えちゃう子もいます。
 

どうしても、政治に左右されてしまうのでこの状況がいつまで続くか・・・
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« おうちごはん&団結浮かぶ | トップ | ガールズグループはひと組? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL