いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

ドラえもんと言ったら・・・

2017-07-23 19:47:47 | その他

'猟奇女」シムヒョンタク "芸能的なイメージ怖くない」

俳優シム・ヒョンタクとドラえもんは離そうとしても離すことはできない。それだけ芸能プログラムを通じて強烈な印象を残した作品活動でも多くの助けを受けている。今後も芸能出演と俳優としての仕事を並行すると自信を持って発表した。

シムヒョンタクは芸人というイメージに対して「私は演技が一番最初に来る」と「演技者として活動しなければなら私が好きな趣味も継続することができる。芸能人というイメージを良い作品に会って演技しながら十分に突破することができると考えている。芸能をしながら作品の邪魔になると考えたことは一度もない、芸能を恐れてはならないと思われる。毒か薬になるかわからないが挑戦して、自分の姿を見せるのがいい」と打ち明けた。

シムヒョンタクにとって芸能は、監査な存在だ。シムヒョンタクは10本以上の連続ドラマと週末ドラマに出演し、俳優としての活動領域を広げたが、大きな関心を受けなかった。シムヒョンタクは「「こんにちは」にドラえもんの人形持って出て行ったとき鮮明に思い出す。放送出た後に、よりファンをしないなどの良くない反応があった。「私は一人住んでいる」で姿が出た後に雰囲気が変わって賞賛を聞くこともした。芸能プログラムの相反面である。ドラえもん父として知られ、私演技に注目度くださって関心持ってくださって本当に感謝している」と説明した。

芸能人として活発に活躍を広げる自然人シムヒョンタクの愉快な姿は、母から受け継いだものである。シムヒョンタクは「愉快な性格や容姿も母をたくさん似ている。母と一緒に「醜い私たちの子」を見るのキム・ゴンモ母親のようにすることができるでしょかと尋ねると、自分と言われた。渉外だけ来れば」醜い私たちの子」に出演すると考えている」と述べた。

常に楽しく愉快し、必要な生活を購入するようなシムヒョンタクも痛みはあるか。シムヒョンタクは「表面上を見たときの愉快な方が家に一人であれば、まったく愉快ない。私もやはり痛みがあり、大変疲れても多い。性格上そのようなことをティー出すことを嫌っている。人々は私の愉快な面のみ見る。私も大変な時が多い」と、自分の痛みについて明らかにした.

猟奇女」シムヒョンタク「結婚?全く考えない。誘惑は多いですね」

ドラえもんとアニメーションとゲームを楽しむシムヒョンタクはまだ結婚は早いと言う。シムヒョンタクはまだ働く時と結婚についての立場を明らかにした。

シムヒョンタクは結婚についての質問にはまだ結婚考えはないと明らかにした。まだ結婚が早いとは思います。シムヒョンタクは結婚するなら友達のような女性としたいと説明した。

「私はまだ夢があるからです。もう少しよくなって、今よりもさらに結婚しなければと思っています。誘惑が多いが全部振り切っている。家を買いたいと思う。両親を快適にさせていて、結婚をするつもりです。長期的な目標としては、ソウルがなくてもビルしたままに購入したい」

シムヒョンタクにとって結婚を防ぐ最大の障害は、趣味だろうか。シムヒョンタクは互いに趣味を尊重してくれるガールフレンドに会ってきたし、趣味を嫌う人を会わはなかった率直た。

「結婚すればフィギュアを捨てといえばどうするのかという質問をたくさんバトジョ。率直に言って私の趣味を嫌う女性に会ったことがない。私の趣味だけ無条件理解しろと強要するのではなく、私の愛する人の趣味も一緒に共有しながらも過ごしたよ。ホビーので女性に会わないというのは誤解です。私の目標のためにならない会うことだけです」

シムヒョンタクが結婚をすることになればどのような人とになるだろうか。シムヒョンタクは互いに燃え立つ熱い愛を持っている人ではなく、友人のような快適さの人と過ごしたいと明らかにした。

「結婚に対する考えが深くない。周辺で離婚される方も多く、そのバーには結婚せずにドキドキ生活をするのがどうかと思うもみ。結婚するなら友達のような人としたいです。誰かを狂ったように好き引かれて行くのは嫌いです。友人のように過ごさなければなら長く幸せよく生きることができると言うんですよ」

自然人シムヒョンタクは趣味を抜いた後、運動が残る。シムヒョンタクは100歳時代の科学の発展とともに「アベンジャーズ」シリーズを見たいという欲のために、健康に生きるために運動をすると説明した。

「私は健康に100歳まで生きたい。本気で「アベンジャーズ」シリーズを最後まで見てたいし、科学の発展にも感じてみたいです。かつてはおじさんになるのが嫌で運動したが、今は健康に生きたくて運動している。筋肉は不変ないんですよ。ハードに運動して健康を守るなら演技も趣味も長くすることができると思いますよ」

俳優ではなく、自然人シムヒョンタクはインタビューずっと元気を引き立ててくれる人だった。シムヒョンタクが、より多くの芸能ドラマと映画に出演して特有の肯定のエネルギーをより多く伝えてもらいたい.

 

「ご飯行こうよ」で、ドゥジュン君と共演した、ヒョンタクさん。

やはり、ドラえもんを分かってくれる女性じゃないと結婚は無理かもしれませんね。趣味を分かる人でないと。

 

何から何まで「ドラえもん」。Tシャツからベットカバー下着までここまで「ドラえもん」を愛している人は日本人でもいないかもしれません。ドラえもんの関係者の方がヒョンタクさんになにか差し上げてもいいと思う。

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 後継者? | トップ | 良かったε-(´∀`*)ホッ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL