いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

頑張って欲しい。

2017-10-08 20:43:15 | ジェジュン君

キム・ジェジュン・ユチョン・ジュンス、2017年には、彼らに新ターニングポイント

グループJYJ /写真=スターニュース

JYJ(キム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンス)2017年の天気は決して晴れることができなかった。空白期に入ったところに起きたいくつかの出来事、事故と微々たる活動成果は、JYJの試練とも同じだった。

去る2010年に結成されたJYJは活動8年目に入り、徐々にソロ活動の比重を広げていった。キム・ジェジュンとパク・ユチョンは演技者で、キム・ジュンスはミュージカル俳優や歌手の活動の割合が目立った。

キム・ジェジュンは、三中で最も先に軍服務を終えて活動を再開した。キム・ジェジュンは去る2016年12月、京畿道龍仁55師団での現役服務を終えた。2012年MBC「ドクタージン」、2014年MBC「トライアングル」などを通じて主演級俳優としての存在感を披露したキム・ジェジュンは軍除隊後、KBS 2TV「マンホール」を通じてユイと呼吸を合わせた。

残念ながら視聴率が3%さえ超えなかったのは残念な結果であった。白水キャラクター挑戦という新しい心構えと安定した演技力にもかかわらず、「マンホール」は地上波3社歴代最低視聴率である1.4%(8月31日8回、ニールセンコリア全国基準)を撮る屈辱を味わわなければした。男主演俳優として頭を挙げることがなかった。

パク・ユチョンに2017年には、より大きな試練の連続だった。性的暴行容疑などで警察の調査を受け始めてから誣告の疑いで告訴女性との裁判で不快な再会を余儀なくされた。社会服務要員服務中に行われたこの日パク・ユチョンは芸能活動最大の危機を迎えている。その中でパク・ユチョンは極秘裏に準備していた結婚に迫り、2番目告訴女性の誣告罪無罪判決に新しい局面を迎え、また、他の葛藤の開始を排除することができない状況になった。

キム・ジュンスは、現在の義務警察として服務中だ。去る2月ビッグバンのメンバー塔と一緒に並んで訓練所に入所、兵役の義務を果たしているキム・ジュンスは時々休暇を出て、自分の近況を伝えてファンにあいさつをした。

キム・ジュンスはミュージカル「デスノート」をはじめ、いくつかの作品の主演を横取りして演技と歌を同時に消化し、強大なアイドルファン層と格別なチケットパワーも誇示した。キム・ジュンスは去る2016年までに総正規アルバム4枚とミニアルバム1枚、日本シングルなどを発表してJYJのソロ歌手として活動を停止しなかった。ただし軍入隊を控えて浮上した済州トスカーナホテル賃金未払いの論争は、きれいでない視線を生むした。

作品成績不振、事件事故、そして空白期間まで。大衆の愛を受けるスターには3つは明らかに人気を引き上げるために肯定的な要素とすることができない。再起の足場を用意することも、永久芸能界で戻ってこないことがあります。

希望がある場合は、最終的に、JYJを見つづけて愛するファン許容だろう。パク・ユチョンのファン連合はパク・ユチョンの事件・事故のニュースが続いている中でも、「パク・ユチョンを支持する」と公式声明を出した。キム・ジェジュンも軍全域以降、アジアファンミーティングのチケットはすぐに売り切れて韓流スターとしての地位を堅固にした。キム・ジュンスやはり除隊後、活動に対するファンたちの期待感は相変わらず本当らしい。

2017年はJYJに、それぞれ別の新しいターニングポイントになると思われる。


ジュンス君が除隊したら3人での活動ってどうなるんだろ?ユチョン君の印象はよくないし。

ジュンス君に早く戻ってきて欲しい。

コメント

ウガンダ観光大使?

2017-10-08 20:36:24 | その他

ピコ太郎がウガンダ観光大使に任命 サッカー代表選手に「PPAP」伝授

昨年「PPAP」が世界中でブレークした歌手・ピコ太郎が6日、アフリカ東部のウガンダ観光大使に任命された。ピコ太郎は現在、ウガンダを表敬訪問中で、サッカー・ロシアW杯出場をかけて激闘中のウガンダ代表選手たちに「PPAP」を伝授した。


 日本ではあまりなじみがないであろうウガンダでも、ピコ太郎は大人気だった。昨年10月に「PPAP」を世界134の国と地域に配信した際、ウガンダのiTunesチャートで1位となり、遠く離れたアフリカでも�ピコ太郎フィーバー�が起きていた。それがきっかけでウガンダ大統領から観光大使に任命されたのだ。

 長い空路を経て、ウガンダに到着したピコ太郎はまず、日本大使館を訪れ、亀田和明大使(62)との食事会に出席。休む間もなく、7日にガーナ戦を控えたサッカー・ウガンダ代表選手を激励するため、宿泊ホテルに向かった。ちなみにウガンダ代表には、サッカー日本代表の本田圭佑(31=パチューカ)が買収してオーナーになったチーム「ブライトスターズ」の所属選手も選ばれている。

 ホテルでは、ロシアW杯出場へ負けられない戦いを続ける選手たちに、ゴールパフォーマンスとして「PPAP」のダンスを直伝し、応援を約束。ウガンダのヨウェリ・ムセベニ大統領(73)と一緒に現地でガーナ戦も観戦する予定だ。

 ピコ太郎は「日本の亀田大使とお会いする機会があったのですが、すごくウガンダを愛していらっしゃる方で、ウガンダのいいところをたくさん教えていただきました。そんなウガンダのいい部分をぜひ曲にして観光大使として伝えていけたらと思います」とウガンダをモチーフにした曲作りに意欲を見せた。


すごいなぁ。ウガンダ?どこにあるか分からないけど(笑)暑い国なのは確かですよね。iTunesで1位とは・・・

日本では、もう・・・な感じだけど、海外ではまだ人気あるのかな?

コメント