日々の気付き

自分への提言

駆逐主義・否定主義との戦い

2016年11月12日 08時40分19秒 | 日記
 妄想とも言えるある種の概念によって、物体や人間を分類し(差別し)、「消滅」という幻想のもとに、破壊活動を行うことは、人類の歴史上、くり返して行われてきた。
 第2次世界大戦下における、ユダヤ人の大量虐殺がそれにあたる。
 このような行為は、私たちの日常においても、行なわれている。
 否定される側には、何の落ち度もないから、それらの人や物に対して、大自然が何かを要求することはない。
 しかし、差別する側の人に対しては、見方の修正が要求される・・・永遠に・・・。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無制限 | トップ | 判断・断定との戦い »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事