日々の気付き

自分への提言

イエスvs恐怖政治

2017年07月11日 16時35分32秒 | 日記
 イエスが、自然と共に生きよう、と大衆に呼びかけている一方で、権力者は、恐れを持て、恐れに頼って生きよ、と呼びかけています。
 恐れとはトラウマであり、誤解です。
 大自然という物は、何者とも戦いませんので、ただ、イエスが、ある目的を持って、恐怖政治と戦っているだけです。
 その目的とは、人類の永続的な生存です。
 イエスが、この目的を持たないならば、あえて、何かと戦う事は無かったでしょう。
 やみくも以外の何物でもない恐怖という物が、社会の基本理念となれば、その社会はいずれ行きづまる・・・。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 波動の発信元 | トップ | 合理主義の敗北 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む