日々の気付き

自分への提言

一喜一憂

2017年05月13日 21時19分06秒 | 日記
 私たちの気持ちは、目に見える事、起きてしまっている状況によって、左右される。
 喜んだり、怒ったり、嘆いたりするのは、自分の周囲に起こる事に関係する、自己表現である。
 人によっては、一輪の野花を見つけた時に、あふれるような喜びに満たされるかもしれない。
 感情とは、出番を待つエネルギーであり、現象そのものよりも、本人の性格によって決まる。
 何を見て、何を感じるかは、十人十色、千差万別である。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エネルギーは無限か? | トップ | 「不幸」は、趣味の一種 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む