魚鳥木、申すか?申さぬか?

ぎょ・ちょう・もく、申すか?申さぬか?
申す!申す! 魚⇒ニシキゴイ。鳥⇒ニホンキジ。木⇒制定無し、花は桜と菊

右脳開発日記(9)

2017年08月13日 | 右脳開発日記
右脳開発日記(8) の続き

『七田眞の右脳を使って豊かな人生を生きる101の知恵』
26ページより抜粋

「8『人生の墓碑銘』を書いてみる。」

他人の犠牲の上には本当の成功はないということです。

人生の悲しみは、分かち合えば半減し、
喜びは分かち合えば何倍にもなります。

「幸福な人生」にはある共通したイメージがあります。

人生の意味を深く考え、
人生の一瞬一瞬の時間を意義あるものにする、
すばらしいテクニックがあります。
それが「自分の墓碑銘」を書くということです。


との事、フムフム

だいたい、墓碑銘とはなんぞや!

一般に墓石に刻まれた銘文をいう。
ただし,墓石のみならず棺その他に記されたものをも含む。
墓石などに銘を刻んで故人を追憶、顕彰する
習俗は洋の東西古今を問わず広くみられる。

とのこと、、、、よく解らんので
墓碑銘の事例を調べてみました

人生の四季
私は朝に生まれ、時は春私は笑った
私は昼に歩き始め、時は夏私は喜んだ
私は午後に座り、時は秋私は悲しかった
私は夜に横になり、時は冬私は眠った
(マサチユーセッツの墓)


ふむ、ようは、
自分の人生を濃縮した言葉なんだぁ~!

ならば、自分は

① 争いがきらい。下手。和が好き。
② 残虐なことができない。思いやりがある。
③ いやなことは忘れるのがうまい。恨みを持たない。プラス発想型
④ 策略は好きでない、下手。
⑤ 「恥」の文化。「清」を大事にする。
⑥ 「自然」と一体化するのが好き。自然を理解できる。
⑦ 「直感力」は非常にするどい。
⑧ 「我執」と「金銭欲」に無縁。
⑨ よく学び、よく働く
⑩ 他に干渉をしたがらない。包みこみできる。

としましょ~!


(画像をクリック頂ければAmazonへ飛びます)
昭和の墓碑銘 (新潮新書)
新潮社


人生の目的が見つかる魔法の杖
西田 文郎
現代書林


七田眞の 右脳を使って 豊かな人生を生きる101の知恵
七田 眞
創藝社





『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神葬祭の死生観と葬祭史③ | トップ |  アロエベラとは(13)FLP... »

コメントを投稿

右脳開発日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL