魚鳥木、申すか?申さぬか?

ぎょ・ちょう・もく、申すか?申さぬか?
申す!申す! 魚⇒ニシキゴイ。鳥⇒ニホンキジ。木⇒制定無し、花は桜と菊

「アマテラス」は女性神か?男性神か?『古事記』を通じて考える。     (ちょいと寄り道)

2017年07月08日 | 民俗学探究
ちょいと寄り道。
「アマテラス」は女性神か?男性神か?を調べて行く中で、

『延喜式』平安時代中期に編纂された格式(律令の施行細則)では
自然神として神社などに祀られた場合の「天照」は「アマテル」と称されている。

天岩戸の神隠れで有名であり、記紀によれば太陽を神格化した神であり
皇室の祖神(皇祖神)とされ神社としては伊勢神宮が特に有名。(Wikipediaより抜粋)

とあり、「アマテル」はその名称の如く、
天地を照らすという太陽神らしい神の名に冠する名称であり、
自然の太陽をそのまま神格化した神と言えるのですが、

7世紀後半から8世紀後半にかけて編まれた、
日本に現存する最古の和歌集である『万葉集』で「アマテル」を使用した和歌として、

「久方乃天照月者神代尓加(久方の天照る月は神代にか)」(7-1080)
「久方天光月隠去(久方の あまてる月の隠れなば)」(11-2463)
「比左可多能安麻弖流月波見都礼杼母(久方の あまてる月は見つれども)」(15-3650)

との様に、久方の天を照らすのは、月であると表現され詠まれています。

「アマテル」は太陽だけに限定するのは考え違いなのか???

新たな課題が生まれてしまった、、、、、、、、、、。


おすすめ書籍
画像をクリックいただければAmazonへ飛びます。
古代日本の月信仰と再生思想
三浦茂久(著)
作品社


銅鐸の祭と倭国の文化――古代伝承文化の研究
三浦茂久(著)
作品社


古代枕詞の究明
三浦茂久(著)
作品社
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アマテラス」は女性神か?... | トップ | 「アマテラス」は女性神か?... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。