神鳴り

難聴ゆえに家居の好きな主婦です。過去、心臓弁膜症、大腸がんの手術を受けました。趣味は短歌です

お彼岸なので梅花の中山寺へ~その後、有馬温泉へ

2017年03月20日 04時42分39秒 | お出かけ
昨日はお彼岸の中日だったので、義父母や、夫の幼くして亡くなった義兄、義弟を分骨して祀ってある宝塚市の中山寺にお参りに行った。

↓お彼岸であることと連休であることで、大勢の参拝者が来ていた。


↓右手後方に見えるのが最近できた五重塔。

このお寺は安産祈願のお寺なので妊婦さんのためかエスカレーターが設置されている。

↓拝殿

拝殿の横のテントでは、この寺の梅林の梅で作った梅酒が売られていた。

拝殿の脇のこの座像は木造薬師如来坐像?

白い布は妊婦さんの安産祈願が書かれた腹帯?

私が長女を身ごもったときも長男を身ごもったときも、義母はこのお寺で腹帯をいただいてきてくれた。

最近の妊婦さんは腹帯を巻かないと思って私は長女やお嫁さんにいただいてあげなかったが、こういうふうに大勢の人が来ているところを見ると、来るべきだったかもしれない。

お参りを済ませたあとは中山寺の梅の段へ。

左の道を行くと中山寺奥の院に。

ひょっとしたら、もう散ってしまっているかもしれないと思ったが、まだまだ見ごろだった。


お天気に恵まれて暖かくて、まさに梅見日和であった。


近づいてパチリ。


きれいなので、いくらでも写したくなる。


赤い梅の花、白い梅の花。


梅の植わっている山の斜面を降りて、また一枚。


下の広場には大きな観音様が。


近づいて写したが、逆光で黒い観音様に。


しつこいけれど、もう一度梅の段を振り返って撮影。


  三月も半ばを過ぎて梅の花まだ盛りなり中山寺は  biko

  あたたかき梅見日和を喜びて欲張り写す梅の紅白  biko

  いつしらに中山寺は駅名を変へて中山観音駅に  biko

その後、温泉に入りたくなって有馬温泉までドライブ。

有馬温泉簡易保険センターで温泉に入ることにした。入浴料1000円は高いか安いか。


温泉は建物の3階にあって、「金泉の湯」の暖簾が。

金泉というときれいな感じだが、お湯は黄土色の濁り湯だ

温泉は大変な人出で、洗い場には列が。

私は、並ぶのが面倒なので、湯船の湯で掛け湯をして、湯船にゆっくり浸かっただけで出てきた。

連休の中日だったせいで、有馬温泉街全体が賑わっていた。

われわれ年寄りは、わざわざこんな混んでいる日にくることはないのだ。

帰途回転ずしで夕食を済ませて帰宅した。

安上りな休日だった?(笑)

  お彼岸の有馬温泉来てみれば入浴客は芋あらふごと  biko

  金泉は黄土色した泥湯なり身を沈むれば見えなくなりぬ  biko

  並ぶのは嫌ひなわれであるゆゑに湯に浸かるだけで上がりぬ  biko

  平日に来ればよかりし温泉によりにもよりて三連休に  biko
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森友学園の母体・塚本幼稚園... | トップ | 夢に癒される私 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは、bikoさん。 (田舎親爺)
2017-03-20 17:39:35
中山寺、綺麗なお寺さんですね。
西国巡礼でお参りしました。
エスカレーターにはビックリ
しました。

妊婦さんへの配慮ですね。

中山寺近くにはMKママと田舎親爺の
知り合いもあってたまに、お邪魔しています。

有馬温泉、近すぎて、あまり行きませbんが
来年は古い友人と有馬温泉と有馬の近くで
ゴルフの約束しています。

楽しみです。
田舎親父さんへ (biko)
2017-03-20 19:26:36
田舎親父さんとは何かとリンクしますね。^^

中山寺は梅のころが特に素晴らしいです。

有馬温泉は、私どもも近すぎて、あまり行かないんですよ。

が、神戸に行くときの抜け道としてそのそばを通ることは多いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL