神鳴り

難聴ゆえに家居の好きな主婦です。過去、心臓弁膜症、大腸がんの手術を受けました。趣味は短歌です

トラックバックって?

2016年10月15日 10時55分59秒 | ブログについて
今朝、瀕死のパソコンのメールボックスを開いてみると、トラックバックのお知らせが入っていた。

実は、私は、比較的長くブログをやっているのだが、トラックバックはしたこともないし、していただいたこともなかった。

今回、していただいたトラックバックは、私の「彦根城」につけてくださっている。

そのブログの「彦根城」を読ませていただくと、写真も文章も、私のよりもずっと的確で分かりやすい。

私は恥じ入ってしまった。

同じ題材をテーマにすると、記事にする腕の巧拙が、こんなにも明らかになるのだ。

これは、私の趣味の短歌の題詠と似ていると思った。

私の所属するインターネット歌会では、毎月お題を決めて、参加者が、それぞれお題に添った歌を提出する。

同じお題であるがゆえに、その作歌の巧拙は鮮明になる。

それによく似ていると思ったのである。

しかし、まあ短歌でもそうだが、下手には下手のよさがある。

そう思って、自分を慰めるようにしよう。

それにしても、トラックバックをしていただいたら、私も、そのブログに、トラックバックをしにいかなければならないのだろうか?

ご挨拶の代わりにそうさせていただきたいが、私のブログ記事などをトラックバックなどすると、かえって、ご迷惑になるのではないかと思案もするのである。

  「彦根城」トラックバックされたればトラックバックしにいくべきや  biko

  同じ城写してきたるブログあり同じであるがゆゑの巧拙  biko

ーーーーーーーーーーー

死にかけのパソコンに、やっとここまで書きました。

新しいパソコンは買ってあるのですが、設定を頼んである次男はいつ来てくれるかなあ?

  いつまでも素人なればいつまでも人を頼りてブログ続ける  biko 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりの京都 | トップ | 歌の魂 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
短歌の題詠 (ハイジ)
2016-10-15 18:25:32
インターネット歌会は同じ題で短歌を提出するのですか。
厳しいですね。
銀河は3首以上 題材は自由です。
半年ですが それぞれ 個性が 現れます。
同じ題で 競うと 辞める人も 多いでしょうね。
上手 下手 が わかり過ぎますよね。
初心者なので 今は まだ 発見や驚き感動 ですが。
先は考えず 来月の3首を。
3首に四苦八苦しています。
日常生活を歌にすればいいのですが 言葉に浮かんできません。
bikoさんのブログに感心しています。
仕方なく イベント お出かけ で頑張ります。
ハイジさんへ (biko)
2016-10-15 19:02:39
いや、慣れると、題詠のほうが易しいのです。

たまに今月は自由詠でなどと言われると、「え、何を歌おう」ってことになるから。

ちなみに、今月のお題は、「捨てる」または「拾う」です。歌会は今日から始まったばかりです。

先月のお題は「鉄道」でした。

同じ題に30首以上の歌が並ぶのは壮観ですよ。

10年くらい前は50首以上出詠があったりした時期もありましたが、最近は30首くらいです。

短歌は、ものの着眼点が大事なので、むしろ日常詠にいい歌ができたりもしますね。

河野裕子さんの歌なども、平易なので、驚かれるかもしれません。

だけど、彼女の場合は、中学生くらいから作歌されているから、平易に見えて、実は巧みなのですね。

短歌は、入り口は広いのですが、奥の深いところがあります。やればやるほど難しくなってくるという面もあるかもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL