神鳴り

難聴ゆえに家居の好きな主婦です。過去、心臓弁膜症、大腸がんの手術を受けました。趣味は短歌です

彦根城

2016年10月09日 14時24分45秒 | 旅行
                 (大手門橋)

皆で、ランチを食べた後、次男夫婦と私達で彦根城に来ました。

長男一家も来るというので、お城の横の駐車場で待っていたのでしたが、脳性まひの孫が疲れたようだから帰るとメールが。

孫は首が据わらないので、長時間座らせておくと体に負担がかかるのです。

そういう事情だから、仕方ありません。

でも、前日からの大雨も上がって、絶好の行楽日和でした。

この看板にも書いてあるように、彦根城へは登山をするように上っていきます。


緩やかな坂道なので、私などには上りやすかったです。


ここが天秤櫓。

この写真は片側しか移っていないけれども、門の両側に、天秤のように同じような櫓が建っているから名づけられたようです。

いよいよ天守閣。

登城の待ち時間が30分と書かれてあったので、私達はあきらめましたが、次男たちは長い行列の最後尾について並びました。

私達は天守閣に上がる代わりに三重櫓の最上階、3階まで急な階段を上がりました。

ほぼ天守閣と同じ景色が望めたと思ったのですが、どうだったでしょう。

とにかく並ばなくてよかったのはありがたかったです。

↓これは琵琶湖側の窓から撮影したもの。西向きの窓だと思います。


こちらは山が見えているから、東向きかな。

私は、石田三成の佐和山かと思ったのでしたが、夫が違うだろうというので、よくわかりません。

こちらは天守閣が見えているから、南向きかな。


  大老のお城であれば大きくて現代(いま)も多くの人のぼらむとす  biko

  待ち時間三十分と書かれあり体力(からだ)考へあきらめるなり  biko

  西の丸奥に三重櫓ありそこに登りて城下見下ろす  biko
ジャンル:
モブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彦根に来ました | トップ | 井伊直弼の楽々園と玄宮園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
彦根城 (もののはじめblog)
琵琶湖上の多景島 天守閣からの景色    城の屋根は「切妻破風(きりづまはふ」「入母屋破風(いりおもやはふ」「唐破風(からはふ」を多様に配しており、2階と3階には「花頭窓......