神鳴り

難聴ゆえに家居の好きな主婦です。過去、心臓弁膜症、大腸がんの手術を受けました。趣味は短歌です

昨年の今日の記事より

2017年05月19日 18時41分39秒 | ブログについて
Gooブログから毎日とどく昨年の記事、昨年の今日は「アルコール依存症」について書いている。

兄は、お酒が好きだった。

好きが高じて、いつのまにやらアルコール依存症になった、と思う。

兄はグルメでもあった。

が、兄嫁は料理をしない。

というより、グルメの兄が兄嫁の料理をけなしてから料理をしなくなったというのが正しい。

だから、兄にも原因があった。

が、ともかくお酒を飲みすぎて肝臓、腎臓を悪くして透析を受けるようになって、あっという間に亡くなってしまった。

兄は、父に似て頭がよかった。

私には自慢の兄であったが、しかし、アルコールで身を亡ぼすのは賢い人間のすることではない。

兄が亡くなってから、私の出番が多くなった。

母はもともと私の世話などにならないと公言していた。

なぜなら私は難聴で役に立たないからと。

親ですら、こういう残酷なことが言える。

確かに耳が悪いと、とっさの行動ができない。

しかし、それを補ってやろうとするのが肉親ではないか。

母は美人に生まれて頭もそこそこよかったから、私は不肖の娘だった。

だから、ずっと劣等感にさいなまされてきた。

母には出来のよい兄が、自慢の子だったのだ。

が、運命は時として残酷だ。

その自慢だった兄のほうがアルコール依存症になって早く亡くなるとは。

  病ひがちなりしわれより健康な兄を愛してをりしわが母  biko

  健康でありし兄より長生きをしてゐるわれは難聴である  biko

  マラソンも走れぬ心臓もつわれは人工弁で生き永らえて  biko

アルコール依存症

三年前に亡くなった兄はアルコール依存症だった。と断定はしたくないが、そうとしか思えない。もともとお酒は好きだった。その上、実家が、父は公務員であったが、祖父が酒屋を営ん......

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日母の送ってきてくれた写真 | トップ | 裏庭のメラレウカマウンテン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは、bikoさん。 (田舎親爺)
2017-05-19 21:48:27
何事も過ぎると言うことは
よくありません。

それを、中々、知ることが
出来ない。

これも人生かなって、
思います。

田舎親父さんへ (biko)
2017-05-20 08:47:15
>何事も過ぎると言うことは
よくありません。

同感です。中庸が一番だと。

父の兄弟も、健康で頭のよかった父の長兄と父が早く亡くなり、一番体の弱かった父の次兄は長生きしました。

世の中、そんなふうになっているんだと思います。

ですから凡人だからと卑下する必要もないかと。

いつも温かいコメントをありがとうございます。

コメントを投稿

ブログについて」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL