神鳴り

難聴ゆえに家居の好きな主婦です。過去、心臓弁膜症、大腸がんの手術を受けました。趣味は短歌です

母から電話があって夫が聞いてくれたが

2017年06月19日 16時31分29秒 | 家族
既に兄嫁からメールで知らせてもらっていたことばかりだったが、先月下旬に心臓がダメになって、死にかけていたから救急救命室に入院していたこと。

先週末に何とか退院できたこと。

退院はできたけれども、動き回ったらお終いになると主治医の先生に言われていること。

などなど。

が、果たして、あの母が大人しくしていられるかどうか。

母は、まだまだ生きると言っているらしいけれども・・・。

八月のよさこい祭りのときに、私の娘がお見舞いがてら高知に行くことを兄嫁に伝えてもらってあったが、「それなら泊まるところが必要だから、浦戸湾にある別荘(=物置)にトイレを付けて泊まれるようにする」と張り切っているらしい。

娘たちは四万十川と大豊町でロッジを借りて泊まる計画をしているらしいので、それは必要ないと夫は言った。

次男夫婦も誘ったが、お嫁さんが妊娠中なので、その体調による。

暑さに弱い私は、どうしようかと思うが、もう母も長くないことは確かなので、無理して帰るかもしれない。

その時期、どうか、あまり暑くなりませんように。!

  ふるさとに母がいませば今回が最後と何度も帰省するなり  biko

  暑がりのわれは死に物狂ひなり南国土佐への夏の帰省は  biko
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日も近所の空き地へ | トップ | 空梅雨で暑い・・・短歌評論... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家族」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL